明治大学 

「後任は神鳥しかいない」明治ラグビーが新章に突入…新監督が追及する“BIG”、継承されるオフ・ザ・ピッチの態度とは?

ラグビーPRESS

「後任は神鳥しかいない」明治ラグビーが新章に突入…新監督が追及する“BIG”、継承されるオフ・ザ・ピッチの態度とは?

大学ラグビー界の名門が新章に突入した。優勝13回を誇る明治大学は、2018年に22年ぶりの日本一に導いた田中澄憲監督の後任として… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

大学ラグビー

2021/07/09

“大学No.1レベル”三浦龍司の順天堂と…「駒澤を脅かす」“ダークホース候補の4校”とは〈箱根路の中間テスト〉

箱根駅伝PRESS

“大学No.1レベル”三浦龍司の順天堂と…「駒澤を脅かす」“ダークホース候補の4校”とは〈箱根路の中間テスト〉

関東インカレの結果から見る今シーズンの大学の駅伝偏差値だが、今年も選手層では駒澤大学、青山学院大学が頭一つ抜きん出ていて… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2021/06/02

「あいつはひとりぼっちだな」なぜ62年目の北島忠治は、“群れない狼・吉田義人”を明大のキャプテンにしたのか?

Sports Graphic Number More

「あいつはひとりぼっちだな」なぜ62年目の北島忠治は、“群れない狼・吉田義人”を明大のキャプテンにしたのか?

いまでこそ、つまり、結果をわかっているので、ならば吉田義人が適任と考えられる。だが同じ歳月を歩んだ同じ年齢の部員の実感は… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

大学ラグビー

2021/05/01

聞く耳は持たず、ただ引っ張るのみ…吉田義人が「明治史上最高の主将」になるまで【同期“幻のキャプテン”の告白】

Sports Graphic Number More

聞く耳は持たず、ただ引っ張るのみ…吉田義人が「明治史上最高の主将」になるまで【同期“幻のキャプテン”の告白】

宿敵・早稲田との因縁の対決を制して、2年ぶりの大学日本一。「明治史上最高の主将」と称されるそのキャプテンシーは、果たして… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

大学ラグビー

2021/05/01

首都圏の大学に先発投手が集中も…大野雄大の偉大さとは? プロ野球・出身大学別成績ランキング【投手編/2020年】

酒の肴に野球の記録

首都圏の大学に先発投手が集中も…大野雄大の偉大さとは? プロ野球・出身大学別成績ランキング【投手編/2020年】

高校・大学出身別の2020年成績、最後は大学出身投手のランキングを見ていこう。昨年、NPBで日本の大学出身の投手は203人いた。 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

プロ野球

2021/04/02

本塁打と安打は1位明治・2位早稲田、では盗塁と打率は? プロ野球・出身大学別成績ランキング【打者編/2020年】

酒の肴に野球の記録

本塁打と安打は1位明治・2位早稲田、では盗塁と打率は? プロ野球・出身大学別成績ランキング【打者編/2020年】

高校に続いて、昨年のNPB成績を、出身大学別にランキングしてみた。まずは打撃成績から見ていこう。NPBで日本の大学の出身選手は… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

プロ野球

2021/04/02

明大は「100点に近い」 2021年のスカウティングで大成功したのはどこか?〈箱根駅伝・予選会出場校編〉

箱根駅伝PRESS

明大は「100点に近い」 2021年のスカウティングで大成功したのはどこか?〈箱根駅伝・予選会出場校編〉

今年の箱根駅伝でシード権を失ったチームは、かなり強力なスカウティングに成功している。とりわけ明大は、箱根上位校にも劣らな… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2021/03/08

京大を蹴って“あえて”早稲田を選んだ男も…早明慶帝のラグビー部歴代キャプテン126名の「卒業後」を追った話

Number Ex

京大を蹴って“あえて”早稲田を選んだ男も…早明慶帝のラグビー部歴代キャプテン126名の「卒業後」を追った話

多様な人材が集まる大学ラグビー部を率いてきたのはどんな人なのか。そしていまはどんな仕事をしているのだろうか。総勢126人の… 続きを読む

雨宮圭吾Keigo Amemiya

大学ラグビー

2021/02/06

《箱根駅伝》四強・明大は、なぜ“シードすら”取れなかったのか?「大学駅伝の戦国化が進む」2つの要因

箱根駅伝PRESS

《箱根駅伝》四強・明大は、なぜ“シードすら”取れなかったのか?「大学駅伝の戦国化が進む」2つの要因

復路も時差スタートができたのが17校と昨年の12校を大きく上回って混戦駅伝を演出し、戦力格差が縮小傾向にあるのが見てとれた。… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2021/01/08

区間エントリーから読み解く第97回箱根駅伝。出場「確定」の選手から思惑が見えてくる。

第97回箱根駅伝(2021)

区間エントリーから読み解く第97回箱根駅伝。出場「確定」の選手から思惑が見えてくる。

12月29日に第97回箱根駅伝の区間エントリーが発表されてから1月2日までの間は、「推理」を楽しむ時間である。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2020/12/31

今季の箱根駅伝、“補欠”が豪華すぎる事情 國學院大・前田監督「じつは“当て馬”というフェイクもありうる」

箱根駅伝PRESS

今季の箱根駅伝、“補欠”が豪華すぎる事情 國學院大・前田監督「じつは“当て馬”というフェイクもありうる」

いつもとは違う箱根駅伝――ちょっとしたルール変更が、勝負の行方を大きく左右するかもしれない。当日に交替できる人数が前回ま… 続きを読む

和田悟志Satoshi Wada

駅伝

2020/12/30

青学、東海、東洋、明治…箱根駅伝・強豪校のナゾ「なぜ千葉・富津が合宿で“1番愛される”のか?」

Number Ex

青学、東海、東洋、明治…箱根駅伝・強豪校のナゾ「なぜ千葉・富津が合宿で“1番愛される”のか?」

青学大や東海大、国学院大、東京国際大、明大、東洋大といった箱根シード校だけでなく順大や中大、法大などの予選会突破校も利用… 続きを読む

太田涼(スポーツ報知)Ryo Ota

駅伝

2020/12/28

【高校サッカー史に残る伝説の選手宣誓】元青森山田主将・住永翔が4年前の“2分50秒”を振り返る

“ユース教授”のサッカージャーナル

【高校サッカー史に残る伝説の選手宣誓】元青森山田主将・住永翔が4年前の“2分50秒”を振り返る

2016年12月30日、第95回全国高校サッカー選手権大会はこの言葉から始まった。パルティード・ア・パルティード――。2分50秒にも… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2020/12/28

青学アンカーは“隠れ主役”、駒大エースが3区で勝負…箱根駅伝《四強》の区間配置を予想してみた

箱根駅伝PRESS

青学アンカーは“隠れ主役”、駒大エースが3区で勝負…箱根駅伝《四強》の区間配置を予想してみた

箱根駅伝は、29日にいよいよ区間エントリーが発表される。高速駅伝、往路激戦等々いろいろな予測が立てられている今回の箱根駅伝… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2020/12/24

初めてシード校として臨む東京国際大学の勢い。前回メンバーが8人残る明治大学の安定感。

第97回箱根駅伝出場校紹介

初めてシード校として臨む東京国際大学の勢い。前回メンバーが8人残る明治大学の安定感。

過去最高順位を一気に10も上げ、総合5位で初シードを獲得した前回大会。東京国際大学は「5強」の争いになると言われていた前評判… 続きを読む

箱根駅伝2021取材チームhakone ekiden 2021

PR

2020/12/23

「早稲田ファンからため息も…」慶応、明治、早稲田の“最新勢力図” ラグビー大学選手権の本命は?

スポーツ・インテリジェンス原論

「早稲田ファンからため息も…」慶応、明治、早稲田の“最新勢力図” ラグビー大学選手権の本命は?

早稲田は早明戦での敗戦を受け、いよいよその力が問われるのが、12月19日に秩父宮ラグビー場で行われる慶応との準々決勝だ(大学… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2020/12/18

第97回箱根駅伝のシード権争いを占う。國學院大と東国大はエースの穴を埋められるか。

第97回箱根駅伝(2021)

第97回箱根駅伝のシード権争いを占う。國學院大と東国大はエースの穴を埋められるか。

10位と11位――。たったひとつの順位差でチームは、天国と地獄を味わう。10位までのチームには、翌年の箱根駅伝出場が約束された… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

PR

2020/11/12

ドラフト出身校番付、ここ10年でまとめると 高校横綱は大阪桐蔭、大学横綱&東大卒は…

酒の肴に野球の記録

ドラフト出身校番付、ここ10年でまとめると 高校横綱は大阪桐蔭、大学横綱&東大卒は…

2020年のドラフト会議では育成も含め、123人のアマ選手が指名された。彼らも含め、ここ10年の高校、大学別の輩出したプロ野球選… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

プロ野球

2020/11/07

箱根駅伝を制するのは? “4強” 駒澤、東海、青学、明治「優勝へのそれぞれの条件」

箱根駅伝PRESS

箱根駅伝を制するのは? “4強” 駒澤、東海、青学、明治「優勝へのそれぞれの条件」

全日本大学駅伝は、田澤廉(2年)が東海大の名取燎太(4年)とのアンカー勝負に競り勝ち、駒澤大学が6年ぶりの優勝を果たした。… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2020/11/05

DeNAのドラフトは競合避けて一本釣り狙い? 編成部長に“禁断の質問”をぶつけてみた

ハマ街ダイアリー

DeNAのドラフトは競合避けて一本釣り狙い? 編成部長に“禁断の質問”をぶつけてみた

編成やドラフト指名に関する話は、原則クローズであり戦略や思惑が複雑にからまるものだ。あくまでも選手の補充ではなく“補強”… 続きを読む

石塚隆Takashi Ishizuka

プロ野球

2020/11/05

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ