明治大学 雑誌表紙

明治大学 

34件中 1 - 20件を表示
古豪・明治大学の復活はなるか?初の連続出場、東京国際大学はシードを狙う。

第95回箱根駅伝出場校紹介

古豪・明治大学の復活はなるか?
初の連続出場、東京国際大学はシードを狙う。

スターティング・オーバー。今季は、明治大学にとって「仕切り直し」のシーズンとなった。前回大会は、予選会で主力のひとりであ… 続きを読む

箱根駅伝2019取材チームhakone ekiden 2019

2018/12/06

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。伝統のスタイルを乗り越えて進め。

スポーツ・インテリジェンス原論

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。
伝統のスタイルを乗り越えて進め。

やっぱり、接戦になった。81分になって早稲田31、明治27。こうなると、勝負はどちらに転がるか分からなかった。最終的に早稲田が… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/12/04

10年前のドラフトから考える中日。落合監督指名のドラ1野本圭の引退。

“Mr.ドラフト”の野球日記

10年前のドラフトから考える中日。
落合監督指名のドラ1野本圭の引退。

'08年は落合博満氏が監督になって5年目の年で、'07年にはCSを勝ち上がって日本シリーズを制覇している。 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2018/10/17

体育会系の上下関係はもう古い。大学ラグビー帝京と明治の共通点。

ラグビーPRESS

体育会系の上下関係はもう古い。
大学ラグビー帝京と明治の共通点。

大学選手権を9連覇している帝京大学ラグビー部。その王者を猛追する昨季準優勝の明治大学ラグビー部。両チームには、共通点があ… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/10/07

ピンチにも動じない堂々のマウンド。西武の新人・齊藤大将の心の整え方。

プロ野球PRESS

ピンチにも動じない堂々のマウンド。
西武の新人・齊藤大将の心の整え方。

「いや、別に。普通に投げていただけなんで特別な感情はなかったです」意志の強そうな瞳がキラリと輝く。プロ入り初、味方がリー… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2018/08/23

風間サッカーを体現する和泉竜司。名古屋で迎える再びの“キレキレ”!

“ユース教授”のサッカージャーナル

風間サッカーを体現する和泉竜司。
名古屋で迎える再びの“キレキレ”!

「あの頃と同じように楽しそうにプレーをしているなぁ」名古屋グランパスのMF和泉竜司の今の姿を見て、そう思った。J1開幕戦のア… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/25

明大学長特任補佐に就任して約1年。楽観視できない大学スポーツの現状。

【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講

明大学長特任補佐に就任して約1年。
楽観視できない大学スポーツの現状。

みなさん、大学のスポーツ選手にはどのような印象を持っていますか。私の知人に、アメリカの名門UCLA(カリフォルニア大学ロサン… 続きを読む

池田純Jun Ikeda

2018/02/05

決勝で1点差、極限の緊張感の中で。帝京と明治が見せたラグビーの真髄。

ラグビーPRESS

決勝で1点差、極限の緊張感の中で。
帝京と明治が見せたラグビーの真髄。

絶対王者。帝京大ラグビー部の形容句としてすっかり定着した言葉である。大学選手権では、2009年度に初優勝を飾って以来、今季(… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2018/01/13

19年ぶりラグビー大学日本一へ!明大で花開く早熟の天才、梶村祐介。

ラグビーPRESS

19年ぶりラグビー大学日本一へ!
明大で花開く早熟の天才、梶村祐介。

2018年。新しい年を迎えた秩父宮ラグビー場で、いきなりすごいトライが生まれた。1月2日、大学選手権準決勝の明大vs.大東大。7-… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2018/01/06

明大ラグビーは今度こそ甦るか。新コーチが語る帝京大との差とは。

ラグビーPRESS

明大ラグビーは今度こそ甦るか。
新コーチが語る帝京大との差とは。

ラグビー大学選手権の3回戦が終わった。3回戦、と聞いて、ん? と思った方もいると思う。同大会はその昔、1992年度までは8校で… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2017/12/21

大学ラグビーは未熟だからこそ面白い。早慶戦に溢れていたミスとプライド。

スポーツ・インテリジェンス原論

大学ラグビーは未熟だからこそ面白い。
早慶戦に溢れていたミスとプライド。

日曜の早朝の興奮。日本代表はフランス代表と23-23のドロー。勝てたかもしれない――という思いは残るが、敵地で堂々たる戦いっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/12/01

なぜ明治大学は箱根を失ったのか。「反撃のシナリオ」なき予選落ち。

スポーツ・インテリジェンス原論

なぜ明治大学は箱根を失ったのか。
「反撃のシナリオ」なき予選落ち。

箱根駅伝予選会。15kmを過ぎて明治に「黄信号」がともった。明治は15kmの通過点で10位。11位の東京国際大との差は1分11秒あった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/10/17

地獄から戻ってきたFW木戸皓貴。明大のヒーローはプロになれるか?

“ユース教授”のサッカージャーナル

地獄から戻ってきたFW木戸皓貴。
明大のヒーローはプロになれるか?

「あいつは怪我で終わったなー」明治大学サッカー部4年のFW木戸皓貴は、ついこの間まで、そんな陰口を叩かれてしまうような状況… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/09/12

池田純・ベイスターズ前球団社長が、明大から日本スポーツ界に革命を起こす!

Sports Graphic Number

池田純・ベイスターズ前球団社長が、
明大から日本スポーツ界に革命を起こす!

年間24億円の赤字を抱えた横浜DeNAベイスターズを、5年で黒字化させた前球団社長・池田純氏が、明治大学の「学長特任補佐兼スポ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/04/04

一塁到達タイム、球速、勝利数……。大学野球終盤戦を数字で大分析。

詳説日本野球研究

一塁到達タイム、球速、勝利数……。
大学野球終盤戦を数字で大分析。

アマチュア野球界というより、プロも含めた2016年野球界の締めくくりが11月16日に幕を閉じた明治神宮大会である。 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2016/11/27

ドラフトでも、球場でも大人気の男。中日1位・柳裕也の図太い変わらなさ。

マスクの窓から野球を見れば

ドラフトでも、球場でも大人気の男。
中日1位・柳裕也の図太い変わらなさ。

2016ドラフトで複数球団の重複指名が予想された明治大・柳裕也投手の1位指名は、フタを開けてみれば、中日ドラゴンズと横浜DeNA… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2016/11/21

不慣れなお立ち台と、堂々たるプレー。FC東京は室屋成の復帰を待っていた。

Jをめぐる冒険

不慣れなお立ち台と、堂々たるプレー。
FC東京は室屋成の復帰を待っていた。

プロになって初のヒーローインタビューだったにもかかわらず、ずいぶん落ち着いていて、堂々としているように見えた。今季、FC東… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/07/13

金本知憲監督もノータッチの新人。阪神の新人・高山俊は“モノが違う”。

野球場に散らばった余談として

金本知憲監督もノータッチの新人。
阪神の新人・高山俊は“モノが違う”。

オープン戦まっただ中の3月中旬、誰ともなく、虎番がつぶやいた。「やっぱり野手は助かるな。毎日、試合に出てくれるから」。 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

2016/03/22

サッカー界に一石を投じるプロ入り。室屋成、そして明治大学の英断。

“ユース教授”のサッカージャーナル

サッカー界に一石を投じるプロ入り。
室屋成、そして明治大学の英断。

まずこのコラムを書く前に一言添えておきたい。今回のコラムのテーマは、明治大学3年の室屋成のFC東京入りが、大学卒業を待たず… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/02/25

箱根駅伝はいつもと様子が違う?変化を読み解く2つのキーワード。

箱根駅伝2016

箱根駅伝はいつもと様子が違う?
変化を読み解く2つのキーワード。

今回の箱根駅伝は、「2強」とも「3強」とも、あるいは「6強」とも言われている。きっと、どれも正しい。2強とは青山学院大と東洋… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/12/18

ページトップ