サムライブルーの原材料BACK NUMBER

座右の銘は「自信と過信は紙一重」。
太田宏介が三浦淳寛にもらった言葉。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/10/28 10:40

座右の銘は「自信と過信は紙一重」。太田宏介が三浦淳寛にもらった言葉。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

今季J1では全30試合にフル出場。ポジションを争う長友佑都がインテルで出場機会を減らす今は、太田にとって代表定着へアピールするチャンスだ。

FC東京で出会った、同世代の代表選手たち。

 太田の運命的な出会いは続く。

 清水エスパルスでは長谷川健太監督をはじめ小野伸二、高原直泰からサッカーに対する考えや取り組み方を学んだ。FC東京では石川直宏ら先輩たちの影響を受けながらも、ひと足先に代表で活躍する森重真人、高橋秀人という1987年生まれの同級生とお互いに切磋琢磨してきた。

「FC東京では同世代の存在が大きくて、身近にそういう選手がいるかいないかで全然違うと思うんです。同じ年なので、自分も負けていられないっていう気持ちが強くなってきて、気持ちが充実してプレーも安定してきたなって去年ぐらいから感じていました。その自信を持ち始めた時期に、絶好のタイミングで(代表に)呼ばれたのかなとは思っています」

 一つひとつの出会いが、太田をプレーヤーとして、人間として成長させた。

高校時代の同級生、小林悠と代表で再会。

 そして彼は、日本代表でも「人とのつながり」を感じることになる。

 麻布大学附属渕野辺高サッカー部の同級生、川崎フロンターレの小林悠と同時に代表入りしたのだ。小林は今でも月に1度は一緒に食事するほどの親友。2年ほど前、小林の結婚式に出席した際には「日本代表のユニホームを一緒に着よう」とのメッセージカードを受け取っている。今年4月、小林が代表候補メンバーに選ばれたことが、太田にとっては何よりの刺激材料になったようだ。

「悠が点を取ったら僕は嬉しいし、Jリーグのなかでも一番応援している選手です。その悠が4月の候補合宿に呼ばれて僕も嬉しかったんですけれど、『じゃあ自分は何してんだよ』って、正直嫉妬心みたいなものもあったんです。

 それまで僕のほうが、若手主体とはいってもイエメン戦に出してもらったり、候補合宿にも呼ばれていましたから。悠が(代表に)入って、自分が入っていないという立ち位置はやっぱり悔しかった。

 ポジションは違うし、(高校を卒業してからの)経緯も違う。でも一番身近な存在であり、一番のライバルなんです」

 結局小林は、ケガによって候補合宿に参加することはできなかったが、以降お互いはさらに意識しあい、それぞれのチームで結果を残していくなかで、アギーレの目に留まったのだった。

【次ページ】 太田-小林のホットラインはブラジル相手にも機能した。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

太田宏介
ハビエル・アギーレ
横浜FC
三浦淳宏
高木琢也
小林悠

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ