サムライブルーの原材料BACK NUMBER

座右の銘は「自信と過信は紙一重」。
太田宏介が三浦淳寛にもらった言葉。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/10/28 10:40

座右の銘は「自信と過信は紙一重」。太田宏介が三浦淳寛にもらった言葉。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

今季J1では全30試合にフル出場。ポジションを争う長友佑都がインテルで出場機会を減らす今は、太田にとって代表定着へアピールするチャンスだ。

「代表に定着しなければいけない立ち位置にいる」

 太田自身に、満足の色はない。

 あくまでスタートラインに立ったに過ぎないことを、本人が最もよく分かっているからだ。代表を経験したことで、ここに定着したいという思いがますます強くなっている。

 太田はしっかり前を見据え、はっきりとした口調で言った。

「代表のみんなと一緒にボールを蹴ってみて、やっぱりレベルが高いなって感じることができました。FC東京でも森重や秀人、それに権ちゃん(権田修一)らが代表から帰ってくるたびに、ワンランク上に行ってるなって感じてきたので、今後は自分もそういう存在にならなければいけないと思っています。

 まだ一回呼ばれただけなので、自分に満足なんか到底できません。でも今、チャンスだというのは自分で一番感じているし、代表に定着しなければいけない立ち位置に来ているとは思うんです。FC東京で結果を残して、人にはない自分の特長というものを出していって、まずはアジアカップに行けるようにしたいです」

 出会いを力に変えて――。

 地に足をつけて、周りに支えられながら一つひとつの階段をのぼってきた。

 それはこれからも変わらない。自信から、過信に転げ落ちることもない。太田宏介は一段ずつ、しっかりと歩を進めていく。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

太田宏介
ハビエル・アギーレ
横浜FC
三浦淳宏
高木琢也
小林悠

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ