大学ラグビー 

ラグビーの試合なく暇なので調べた。「魔法のやかん」はいつ消えた?

ラグビーの試合なく暇なので調べた。
「魔法のやかん」はいつ消えた?

ラグビーPRESS

「ボーッとした状態のところに突然冷たい水をかけられれば誰だって驚きます。“魔法のやかん”とは、昔でいう“気付け薬”のようなもので、医学的に脳震盪が回復したことを示すわけではありません。本来ボーッとして…続きを読む

長田昭二Syoji Osada

2020/03/04

<2023年への鼓動(2)>武井日向「紫紺の対抗心を見よ」

Sports Graphic Number Special

<2023年への鼓動(2)>
武井日向「紫紺の対抗心を見よ」

強い心を内に秘めた小柄な青年は、4年の時を経て、見るものを圧倒する「重戦車」の核へと変貌した。大学屈指のタレント集団を束… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2020/02/11

<2023年への鼓動(1)>早稲田大学「黄金トリオの未来」を見よ。

Sports Graphic Number Special

<2023年への鼓動(1)>
早稲田大学「黄金トリオの未来」を見よ。

臙脂の期待と伝統を背負い続けた4年間の果てに、真新しいナショナルスタジアムで凱歌を上げた。因縁深い紫紺の軍団を打ち破った1… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2020/01/31

早稲田ラグビー部“Reborn”計画。明治に敗れたのは無駄ではなかった。

スポーツ・インテリジェンス原論

早稲田ラグビー部“Reborn”計画。
明治に敗れたのは無駄ではなかった。

早稲田が積み上げてきたこととは、多彩なタレントがそろうバックスが、ボールを大きく動かすアタックだ。前半13分に見せたトライ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/12/24

早稲田大→慶応大ラグビー部コーチ。なぜ三井大祐は異例の道を歩んだか。

ラグビーPRESS

早稲田大→慶応大ラグビー部コーチ。
なぜ三井大祐は異例の道を歩んだか。

伝統を競う良きライバルの両校の間で異例の出来事があった。昨年、早稲田のコーチだった三井大祐(35歳)が、今年から慶応のコー… 続きを読む

清水岳志Takeshi Shimizu

2019/12/20

白熱の全勝対決となった早明戦。新国立競技場の舞台で再戦なるか。~ラグビーW杯効果もあり完売~

SCORE CARD

白熱の全勝対決となった早明戦。
新国立競技場の舞台で再戦なるか。
~ラグビーW杯効果もあり完売~

ハーフタイムにスタンドを振り返ると、視界に入ったほとんどの人が、何とも幸せそうな笑みを浮かべていた。12月1日、秩父宮ラグ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2019/12/19

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。数学を学ぶラガーマンの「到達点」。

ラグビーPRESS

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。
数学を学ぶラガーマンの「到達点」。

「僕の走るコースの到達点は決まっている。それに向けて最短を走るのではなく、若干、大回りをしたり、ふくらんでみると、全体が… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

2019/12/08

明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。崩された“名作”と早稲田のメンタル。

スポーツ・インテリジェンス原論

明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。
崩された“名作”と早稲田のメンタル。

「正直、疲れていたか具体的には言えませんが、こちらが後半に入って2本トライを取った後に、早稲田の選手たちがメンタル的に『… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/12/04

W杯イヤーの大学シーズン開幕。2023年を目指す戦いが始まった。~ラグビー界の秋の主役は大学生~

SCORE CARD

W杯イヤーの大学シーズン開幕。
2023年を目指す戦いが始まった。
~ラグビー界の秋の主役は大学生~

「メンバー発表の日になって、悔しさがこみ上げてきました」齋藤直人は、苦い表情で言葉をはきだした。 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2019/09/13

慶応医学部とラグビー部主将。古田京が二兎を追って得たもの。

スポーツ・インテリジェンス原論

慶応医学部とラグビー部主将。
古田京が二兎を追って得たもの。

昨季の大学ラグビーシーンで、もっとも印象に残っている試合は、大学選手権準々決勝の早稲田対慶応の一戦だ。試合は慶応が19-15… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/06/28

「もう日本一に手が届いている」慶大新HC栗原徹の新たな挑戦。~帝京、明治、早稲田に勝ち切るために~

SCORE CARD

「もう日本一に手が届いている」
慶大新HC栗原徹の新たな挑戦。
~帝京、明治、早稲田に勝ち切るために~

「慶應は、もう日本一に手が届いているんです」慶大ラグビー部の栗原徹新HC(ヘッドコーチ)は、サラリと言った。 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2019/03/27

選手権10連覇ならずとも、色褪せない帝京大の偉業。~主力が変わる大学ラグビーで勝ち続ける価値~

SCORE CARD

選手権10連覇ならずとも、
色褪せない帝京大の偉業。
~主力が変わる大学ラグビーで勝ち続ける価値~

スポーツに永遠はないんだな。そんな当たり前の思いが頭をよぎった。新春2日の秩父宮ラグビー場。大学選手権準決勝で、10連覇に… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2019/01/22

愛されている明治大学ラグビー部、日本一奪還までの22年と田中監督。

ラグビーPRESS

愛されている明治大学ラグビー部、
日本一奪還までの22年と田中監督。

「本当に、明治って愛されてるなあと感じました」明治大学ラグビー部主将の福田健太は、上気した顔で言った。 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2019/01/15

ラグビー早慶戦、理詰めとアドリブ。HCが学生たちにかけた最大の賛辞。

スポーツ・インテリジェンス原論

ラグビー早慶戦、理詰めとアドリブ。
HCが学生たちにかけた最大の賛辞。

会見場に現れた慶応の金沢篤ヘッドコーチと、古田京主将の短い総括が終わり、質問の時間に移った。しかし、報道陣からすぐには質… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/12/27

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。伝統のスタイルを乗り越えて進め。

スポーツ・インテリジェンス原論

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。
伝統のスタイルを乗り越えて進め。

やっぱり、接戦になった。81分になって早稲田31、明治27。こうなると、勝負はどちらに転がるか分からなかった。最終的に早稲田が… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/12/04

伝統の早慶戦で観たラグビーの妙。“指示無視”の選手がいてもいい。

スポーツ・インテリジェンス原論

伝統の早慶戦で観たラグビーの妙。
“指示無視”の選手がいてもいい。

やっぱり、早慶戦はいい。早稲田、慶応ともに、好感が持てた。よく相手を分析し、指導陣が正しい処方箋を書き、真面目に練習を重… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/11/27

ラグビー界のパイオニア村田亙、母校専修大をフランス式で強化中。

ラグビーPRESS

ラグビー界のパイオニア村田亙、
母校専修大をフランス式で強化中。

専修大学がラグビー関東大学リーグ戦を盛り上げている。1部復帰は3年ぶりながら、法政大学、中央大学を撃破。指揮官は日本人第1… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/11/26

340円のコンビニ弁当を分け合って。流経大ラグビー韓国人コーチの大志。

ラグビーPRESS

340円のコンビニ弁当を分け合って。
流経大ラグビー韓国人コーチの大志。

名誉より恩義だ。流通経済大学ラグビー部のヘッドコーチ、韓国出身の池英基(チ・ヨンギ)さん。同部を2005年から率いる内山達二… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/10/15

体育会系の上下関係はもう古い。大学ラグビー帝京と明治の共通点。

ラグビーPRESS

体育会系の上下関係はもう古い。
大学ラグビー帝京と明治の共通点。

大学選手権を9連覇している帝京大学ラグビー部。その王者を猛追する昨季準優勝の明治大学ラグビー部。両チームには、共通点があ… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/10/07

頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。慶大ラグビー部員たちの固い絆。

ラグビーPRESS

頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。
慶大ラグビー部員たちの固い絆。

2007年夏、慶應義塾大学ラグビー部の1年生だった杉田秀之さんは、夏合宿の練習試合で頸髄を損傷。生涯歩くことはできないと診断… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/06/08

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ