ラグビー日本代表 

<特別インタビュー>田中史朗(ラグビー日本代表)×キリンホームタップ「家庭用ビールサーバーがくれる激闘への癒し」

<特別インタビュー>
田中史朗(ラグビー日本代表)×キリンホームタップ
「家庭用ビールサーバーがくれる激闘への癒し」

Sports Graphic Number

昨年の秋、日本中で多くのファンを熱狂の渦へと巻き込んだラグビー日本代表・ブレイブブロッサムズ。大躍進を見せた代表チームを…続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2020/07/30

ラグビーW杯、日本×南アフリカ。「何回でも泣ける」熱狂の日の記録。

Sports Graphic Number More

ラグビーW杯、日本×南アフリカ。
「何回でも泣ける」熱狂の日の記録。

穏やかな時が流れるこの場所で歓喜も落胆も通り越した衝撃的な出来事が起こると、いったい誰が想像しただろう。しかし、日本代表… 続きを読む

村上晃一Koichi Murakami

2020/06/30

日本代表歴代最多98キャップ。さらば伝説の鉄人、大野均。

SCORE CARD

日本代表歴代最多98キャップ。
さらば伝説の鉄人、大野均。

オンライン会見のまどろっこしさが、実直な人柄にはかえって似合うような気がした。5月22日、大野均は、PC画面の向こう側から静… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2020/06/30

2015年ラグビーW杯での極限状態……。五郎丸歩はなぜ安定していたのか。

Sports Graphic Number More

2015年ラグビーW杯での極限状態……。
五郎丸歩はなぜ安定していたのか。

五郎丸はW杯の前に「日本がW杯で結果を出したら、日本の社会に強いメッセージを発信できるんじゃないか」と話していた。「フィジ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2020/06/29

福岡堅樹の決断と消えない記憶。W杯敗退直後、笑顔の「終わった」。

スポーツ・インテリジェンス原論

福岡堅樹の決断と消えない記憶。
W杯敗退直後、笑顔の「終わった」。

福岡堅樹が、東京オリンピックへのチャレンジを封印し、医学の道へ進むことを改めて明らかにした。引き続き、来季のトップリーグ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2020/06/18

畠山健介から引退する3人の先輩へ。大野均、湯原祐希、佐々木隆道。

畠山健介のHatake's room

畠山健介から引退する3人の先輩へ。
大野均、湯原祐希、佐々木隆道。

各チームから退団選手、スタッフ、そして引退する選手の名前が次々に発表される。その中には、苦楽をともにした仲間の名前もある… 続きを読む

畠山健介Kensuke Hatakeyama

2020/06/18

ジェイミー・ジョセフと宗像の物語。友情と共に育まれたラグビーへの愛。

Sports Graphic Number More

ジェイミー・ジョセフと宗像の物語。
友情と共に育まれたラグビーへの愛。

コロナ禍で多くのスポーツが延期や中止されるなか、NumberWebでは、『Sports Graphic Number』の過去の記事から、「こんなときだ… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

2020/06/14

ラグビーにおける「ロック」の特権。大野均の去り際に、胸の奥で敬意を。

ラグビーPRESS

ラグビーにおける「ロック」の特権。
大野均の去り際に、胸の奥で敬意を。

そこに暮らす老若男女は4600人ほど。3年前の8月、ニュージーランド北島のそのテ・クイティという小さな町で営まれた葬儀の進行が… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

2020/05/27

日本の票が会長選の命運を分けた?「ティア1昇格」に問われる振る舞い。

ラグビーPRESS

日本の票が会長選の命運を分けた?
「ティア1昇格」に問われる振る舞い。

ワールドラグビーの会長選挙は、オンラインで行われた。通常ならアイルランドのダブリンにあるワールドラグビー本部に世界各地の… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2020/05/19

辛いときでも明るく、楽しく。女子ラガーたちのポジティブSNS。

SCORE CARD

辛いときでも明るく、楽しく。
女子ラガーたちのポジティブSNS。

ボールの弾む音、地面の震動。骨の軋む音。タックルをかいくぐり、タッチ際を走り抜ける選手たちが起こす風、疾走感。 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2020/05/03

ラグビーW杯名場面No.1はあの事件。感動よりも「楽しさ」を感じた突破。

ラグビーPRESS

ラグビーW杯名場面No.1はあの事件。
感動よりも「楽しさ」を感じた突破。

ナンバーを舞台に35年にわたってラグビーを見せていただいているのですが、そこで、いただいたお題「ナンバーワン」とは? いろ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2020/04/06

五輪延期で思い出した東大入試中止。選手が感じるであろう「1年」の重み。

オリンピックPRESS

五輪延期で思い出した東大入試中止。
選手が感じるであろう「1年」の重み。

自分とはなんの関係もないのに妙に気になる出来事がある。これもそうだ。1969年の東京大学の入学試験は中止された。「安田講堂占… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

2020/04/02

日本ラグビー、2023年へ膨らむ期待。頼もしい若きジャパンの「優勝」。

ラグビーPRESS

日本ラグビー、2023年へ膨らむ期待。
頼もしい若きジャパンの「優勝」。

トップリーグの延期、休止が次々と決まり、国内で予定されていたサンウルブズの試合は国外に移され、五輪を控えて強化の追い込み… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2020/03/17

豪州、南米、そしてアメリカへ。世界中を飛び回る7人制日本代表。~ラグビーセブンズの現在地~

SCORE CARD

豪州、南米、そしてアメリカへ。
世界中を飛び回る7人制日本代表。
~ラグビーセブンズの現在地~

コロナウイルスの感染拡大で国内試合がすべて中止・延期され、静寂に包まれた2月最後の週末。喜びのニュースは太平洋を越えて届… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2020/03/17

日本ラグビーの交渉役、藤井雄一郎。<前編>ジョセフHC再契約の裏側。

ラグビーPRESS

日本ラグビーの交渉役、藤井雄一郎。
<前編>ジョセフHC再契約の裏側。

快挙を成し遂げたラグビーW杯終了後、指揮官ジェイミー・ジョセフは日本協会と契約を更新し、再び2023年フランス大会へ歩みを始… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2020/03/16

ラグビーW杯の功績を風化させない!元日本代表が子供達に託したボール。

ラグビーPRESS

ラグビーW杯の功績を風化させない!
元日本代表が子供達に託したボール。

作戦名は「ラグビーボール日常化作戦」だ。かつての桜の戦士達が2019年W杯のレガシーを残そうと、ラグビーボールを配っている。2… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2020/03/08

<決戦前のプレイリスト>稲垣啓太「僕を鼓舞する勝負曲」

Sports Graphic Number Special

<決戦前のプレイリスト>
稲垣啓太「僕を鼓舞する勝負曲」

大好きなヒップホップで闘争本能を掻き立てる漢は、歌詞や楽曲に込められたアーティストの世界観に魅せられ、妥協を許さない姿に… 続きを読む

石井宏美Hiromi Ishii

有料

2020/02/18

日本ラグビーが取り組んだ育成と強化。13年前に蒔いた「W杯8強」への種。

ラグビーPRESS

日本ラグビーが取り組んだ育成と強化。
13年前に蒔いた「W杯8強」への種。

2007年の日本ラグビー界は夜明け前だった。W杯日本大会の招致は決まっておらず、日本代表のW杯通算勝利はわずか1勝(15敗)。ベ… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2020/02/17

田村優がつないだ「10番」は誰に?頼もしい、若き司令塔たちの躍動。

ラグビーPRESS

田村優がつないだ「10番」は誰に?
頼もしい、若き司令塔たちの躍動。

2020年のラグビーを読み解くキーワードは、背番号10。次世代の司令塔の競演だ。W杯で背番号10、司令塔に座ったのは田村優。30歳… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2020/02/06

<咆哮の理由>具智元「スクラム、きれいに割れました」

Sports Graphic Number Special

<咆哮の理由>
具智元「スクラム、きれいに割れました」

試合中、決して感情を表に出すタイプではないが、あのアイルランド戦では相手を完膚なきまでに押し切り、渾身のガッツポーズを見… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

有料

2020/01/02

ページトップ