ラグビー日本代表 

<ラグビーW杯総括インタビュー>ジェイミー・ジョセフ「ジャパンはなぜ変革できたのか」

<ラグビーW杯総括インタビュー>
ジェイミー・ジョセフ「ジャパンはなぜ変革できたのか」

Sports Graphic Number Special

吉報が届いた。ジェイミー・ジョセフ、契約更新――。次回大会の2023年まで、日本の命運は託された。なぜ、今年のW杯で8強進出を達成できたのか。指揮官の言葉を紐解くと、「ファウンデーション」と「グローカル」と…続きを読む

生島淳Jun Ikushima

有料

2019/12/09

ラグビー界最強の酒販担当営業マン。中村亮土の勇敢で愚直な仕事っぷり。

ラグビーPRESS

ラグビー界最強の酒販担当営業マン。
中村亮土の勇敢で愚直な仕事っぷり。

過酷なシャトルランで中村らが追い込んだ先には、両ロックのトンプソン ルークやジェームス・ムーア、フッカーの堀江翔太などFW… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2019/11/19

様々な障壁を乗り越えて大成功を収めた夢のW杯。~ラグビーはスポーツの枠を超えた~

SCORE CARD

様々な障壁を乗り越えて
大成功を収めた夢のW杯。
~ラグビーはスポーツの枠を超えた~

夢のような44日間だった。真夏の暑さが残る9月20日に開幕し、決勝の11月2日には多くの人がダウンを羽織ったラグビーW杯2019日本… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2019/11/17

稲垣啓太、「0.166秒」の微笑み。	笑わない男とカメラマンの真剣勝負。

Number Ex

稲垣啓太、「0.166秒」の微笑み。
笑わない男とカメラマンの真剣勝負。

白雪姫の継母は何食わぬ顔でリンゴを差し出す。カメラマンはシャッターを押し続けながら、まるで急に思い出したかのように仕込ん… 続きを読む

近藤篤Atsushi Kondo

2019/11/15

中島イシレリと妻・理恵子さんの7年。「代表の支柱」を支える家族の存在。

Number Ex

中島イシレリと妻・理恵子さんの7年。
「代表の支柱」を支える家族の存在。

出会いの場は、千葉県柏市の居酒屋。2人は別々に呑んでいたが、共通の友人がいると分かり、会話を交わした。当時の中島は186cm、… 続きを読む

山川徹Toru Yamakawa

2019/11/13

2019年『Number MVP賞』はラグビー日本代表に決定!

Sports Graphic Number

2019年『Number MVP賞』は
ラグビー日本代表に決定!

1年間で最もスポーツファンを興奮させたアスリートに贈る『Number MVP賞』。38回目となる2019年のMVPは、第9回ラグビーワールド… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2019/11/09

泰然自若の堀江翔太が完敗を認めた。南アは「レベルが全然違いました」。

Number Ex

泰然自若の堀江翔太が完敗を認めた。
南アは「レベルが全然違いました」。

同級生でもある妻の友加里さんも、こう言っていた。「翔太くんは裏表がないというか、人によって接する態度や言葉を変えたりしな… 続きを読む

朴鐘泰Park Jong Tae

2019/11/08

畠山健介が語る古巣、家族への感謝。米国ラグビーという少し先の未来へ。

畠山健介のHatake's room

畠山健介が語る古巣、家族への感謝。
米国ラグビーという少し先の未来へ。

日本が2019年ラグビーW杯で新しい風を世界のラグビー界にもたらしたように、次の風はアメリカから吹こうとしている。バタフライ… 続きを読む

畠山健介Kensuke Hatakeyama

2019/11/04

「7人制ラグビー」の魅力って?東京五輪に懸ける福岡堅樹にも注目。

オリンピックへの道

「7人制ラグビー」の魅力って?
東京五輪に懸ける福岡堅樹にも注目。

今回のワールドカップで、ラグビーの認知度、人気は大きく高まった。その流れをつないでいくには、国内のトップリーグなどの試合… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2019/11/03

「もうこれは奇跡とは言わせない」NHK豊原アナのラグビー愛と実況論。

ラグビーPRESS

「もうこれは奇跡とは言わせない」
NHK豊原アナのラグビー愛と実況論。

NHKの豊原謙二郎アナウンサーはこみ上げるものを必死に抑えながら、冷静に、丁寧に、仕事を全うした。「もうこれは、奇跡とは言… 続きを読む

谷川良介Ryosuke Tanikawa

2019/11/01

デイリーが鳥谷裏面でもノーサイド!札幌に豊洲のブーメランが飛んだ10月。

月刊スポーツ新聞時評

デイリーが鳥谷裏面でもノーサイド!
札幌に豊洲のブーメランが飛んだ10月。

ラグビーか、阪神か。なんだか急にドキドキして朝を待つと……『ジャパン8強』(デイリースポーツ・10月14日)。あ、ラグビーだ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2019/10/31

松島幸太朗、トライ量産への思考。被災地にまいた種と鳴り続ける電話。

ラグビーPRESS

松島幸太朗、トライ量産への思考。
被災地にまいた種と鳴り続ける電話。

W杯の大活躍でまいた種は芽吹いた。熊本県協会の野口光太郎理事長の弾む声が、まだ耳に残っている。「いつも鳴らない協会の電話… 続きを読む

占部哲也Tetsuya Urabe

2019/10/28

悔しがる稲垣、飛ぶバレット……。ラグビーW杯ベスト8の激闘シーン。

ラグビーPRESS

悔しがる稲垣、飛ぶバレット……。
ラグビーW杯ベスト8の激闘シーン。

短期集中連載第3回目のカメラマンは、リチャード・ヒースコート氏。カメラマンとしてサッカーW杯やオリンピックのほかに、4大大… 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

2019/10/27

通過した。超えた。応援した。現れた。敗れても消えぬ最高のラグビーW杯。

ラグビーPRESS

通過した。超えた。応援した。現れた。
敗れても消えぬ最高のラグビーW杯。

100点満点で1000点を取ったつもりになっていたら、世界の頂点は1万点満点だったと宣告されたようだったのに、まだ500点分ぐらい… 続きを読む

金子達仁Tatsuhito Kaneko

2019/10/25

ベスト8の戦いはやはり未知だった。南ア戦でジャパンが持ち帰った経験。

スポーツ・インテリジェンス原論

ベスト8の戦いはやはり未知だった。
南ア戦でジャパンが持ち帰った経験。

やることいっぱいありますよね。なんと前向きな言葉であることか。W杯はまだ準決勝以降の戦いが残されているけれど、来年の6月、… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/10/24

涙も年齢も力の差も受け止めて。田中史朗が若者に託す「もっと上」。

ラグビーPRESS

涙も年齢も力の差も受け止めて。
田中史朗が若者に託す「もっと上」。

「今回のW杯で、日本ラグビーは一歩踏み出せたと思います。ホントに自分が思い描いていた日本のラグビー文化が根づく第一歩とい… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/10/22

田中史朗「僕は何も言う必要はない」ジョセフ体制が成熟した何よりの証。

ラグビーPRESS

田中史朗「僕は何も言う必要はない」
ジョセフ体制が成熟した何よりの証。

「家族のようなチームですし、エディー・ジャパンというものがあって、その上にこのチームがあると思います。日本の進化を見せら… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2019/10/21

<トライを生み出した原動力>福岡堅樹「韋駄天の特別任務」

Sports Graphic Number Special

<トライを生み出した原動力>
福岡堅樹「韋駄天の特別任務」

後半16分、前戦に続き途中出場した快足ウイングは、インパクトプレーヤーの仕事をきっちりと遂行した。しかし、彼の役割はそれだ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

有料

2019/10/20

沢木敬介が語る南ア戦勝利への道筋。「ハイパント、ペナルティの重み」

ラグビーPRESS

沢木敬介が語る南ア戦勝利への道筋。
「ハイパント、ペナルティの重み」

日本の鍵となるのは、南アフリカをどのエリアに閉じ込めるか。これに尽きます。 続きを読む

沢木敬介Keisuke Sawaki

2019/10/20

勇気とパワーとセンスで奪う。姫野和樹が得意なジャッカルって?

ラグビーPRESS

勇気とパワーとセンスで奪う。
姫野和樹が得意なジャッカルって?

ラックからボールを持ち出して、近場にフォワードを当てていく。日本は重圧を受けて徐々に後退した。アイルランドの逆転トライま… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2019/10/19

ページトップ