サッカー日本代表PRESS 

森保Jがイランを上回る要素は何か。原口元気、堂安律の言葉がヒント。

サッカー日本代表PRESS

森保Jがイランを上回る要素は何か。
原口元気、堂安律の言葉がヒント。

武器を持たずに勝てる戦などない。では、今の日本代表の何が武器になるだろうか。1月28日、日本時間の23時から行なわれるアジア… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

サッカー日本代表

2019/01/28

権田修一が9年間待ち続けた感覚。「代表の重みをこんなに感じるとは」

サッカー日本代表PRESS

権田修一が9年間待ち続けた感覚。
「代表の重みをこんなに感じるとは」

9年もの間にわたって待ち続けた感覚を、権田修一は全身で噛み締めている。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/01/28

森保Jの攻撃には大迫勇也が不可欠。連動性が高まらぬ攻撃を1人で改善。

サッカー日本代表PRESS

森保Jの攻撃には大迫勇也が不可欠。
連動性が高まらぬ攻撃を1人で改善。

UAEのモハメド・アブドゥラ・ハサン主審が、この試合で最後となるホイッスルを吹く。堂安律は両手を膝につき、冨安健洋は小さく… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/01/25

森保Jはセットプレーを強みにする。選手も実感する戦略の緻密さとは。

サッカー日本代表PRESS

森保Jはセットプレーを強みにする。
選手も実感する戦略の緻密さとは。

「戦局を左右するのは、戦術ではなく戦略だ」登場人物がこんな言葉を口にするアニメがあった。現実にも「バスケットボールの世界… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

サッカー日本代表

2019/01/24

支配率23%で勝つ森保Jの強者ぶり。気になるのは「27」のファウル数。

サッカー日本代表PRESS

支配率23%で勝つ森保Jの強者ぶり。
気になるのは「27」のファウル数。

快勝ではない。後半終了間際の攻防は、第三者からするとハラハラドキドキだったかもしれない。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/01/22

新キャプテン・吉田麻也の存在感。「僕は長谷部誠にはなれない」

サッカー日本代表PRESS

新キャプテン・吉田麻也の存在感。
「僕は長谷部誠にはなれない」

1月のUAEの気候は日本の初夏に近い。昼間の日差しは結構きつく、湿度はほどほどで、朝晩は涼しい。もちろん、真冬の日本やそれ以… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

サッカー日本代表

2019/01/21

原口元気と武藤嘉紀の“相思相愛”。「チーム雑草」の固い共闘意識。

サッカー日本代表PRESS

原口元気と武藤嘉紀の“相思相愛”。
「チーム雑草」の固い共闘意識。

「あの感じが、俺は大好きなんだよ。アイツからは、すごいパワーを感じるから」原口元気はそう考えているから、試合前に声をかけ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

サッカー日本代表

2019/01/19

森保監督が見せた勝負師の顔に感服。大胆ターンオーバーの巨大な効果。

サッカー日本代表PRESS

森保監督が見せた勝負師の顔に感服。
大胆ターンオーバーの巨大な効果。

アジアカップで最初の大きなチャレンジに、森保一監督は勝利した。1月17日のウズベキスタン戦で、50歳の指揮官は大胆なターンオ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/01/18

振るわない前線と、守備陣の完封。オマーン戦の森保Jをどう評価するか。

サッカー日本代表PRESS

振るわない前線と、守備陣の完封。
オマーン戦の森保Jをどう評価するか。

またしても靄のかかったような試合内容と結果になった。1月13日に行われたアジアカップのオマーン戦で、日本は1-0の勝利をつか… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/01/14

森保Jの“ワーストマッチ”は吉兆。アジア杯は初戦が悪いと優勝する?

サッカー日本代表PRESS

森保Jの“ワーストマッチ”は吉兆。
アジア杯は初戦が悪いと優勝する?

森保一監督の就任後では、ワーストマッチと言っていい。1月9日に行われたアジアカップのグループリーグ初戦は、前途多難を予感さ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/01/10

サッカー界とテレビ業界まで変えた。実況席で見た1992年アジア杯初制覇。

サッカー日本代表PRESS

サッカー界とテレビ業界まで変えた。
実況席で見た1992年アジア杯初制覇。

サッカーのアジアカップがアラブ首長国連邦(UAE)で開幕した。森保一監督率いる日本代表は9日のグループステージ初戦、トルクメ… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

サッカー日本代表

2019/01/08

ポストタイプのFWは大迫勇也1人。アジア杯で新布陣が見られる予感。

サッカー日本代表PRESS

ポストタイプのFWは大迫勇也1人。
アジア杯で新布陣が見られる予感。

アジアカップの日本代表メンバーには、「サプライズ無き選考」との表現が多く使われている。ロシアW杯に出場した香川真司、岡崎… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2018/12/19

香川や乾、昌子がアジア杯選外でも森保監督が「ベスト」と言う理由。

サッカー日本代表PRESS

香川や乾、昌子がアジア杯選外でも
森保監督が「ベスト」と言う理由。

みなさん、こんにちは。サッカー日本代表、来年1月に開催されるアジアカップ(UAE)のメンバー23人が発表されました。Number WEB… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2018/12/14

「新・ビッグ3」の騒ぎ方は大丈夫?南野・中島・堂安への期待と逡巡。

サッカー日本代表PRESS

「新・ビッグ3」の騒ぎ方は大丈夫?
南野・中島・堂安への期待と逡巡。

きっと、「前科」はたくさんあると思う。語呂は悪いけれど、罪状はさしずめ「メディアスターを都合よく作り出した罪」。いや、そ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

サッカー日本代表

2018/11/29

「堂安と冨安は刺激だし、悔しい」五輪世代に次なる森保J候補が3人。

サッカー日本代表PRESS

「堂安と冨安は刺激だし、悔しい」
五輪世代に次なる森保J候補が3人。

森保一監督が率いる日本代表がキリンチャレンジカップでベネズエラ代表、キルギス代表と対戦しているころ、若き日本代表は遠く離… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

サッカー日本代表

2018/11/25

大迫、中島、南野、堂安が出ると安定感が違う森保Jの選手層問題。

サッカー日本代表PRESS

大迫、中島、南野、堂安が出ると
安定感が違う森保Jの選手層問題。

11月20日の一戦に誰よりも価値を見出しているのは、キルギス代表のアレクサンデル・クレスティニン監督だっただろう。わずか1本… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2018/11/21

酒井宏樹こそが森保Jのコアだ。周囲の“我”を光らせる兄貴ぶり。

サッカー日本代表PRESS

酒井宏樹こそが森保Jのコアだ。
周囲の“我”を光らせる兄貴ぶり。

「初ゴール」を祝うメッセージが試合後に数多く届いたのではないかと聞かれると、表情を崩した。「そうですね。ゴールってやっぱ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

サッカー日本代表

2018/11/20

薄味だった森保Jのベネズエラ戦。プラス評価はセットプレーの得点。

サッカー日本代表PRESS

薄味だった森保Jのベネズエラ戦。
プラス評価はセットプレーの得点。

味付けの薄いメインディッシュ、とでも言えばいいだろうか。11月16日にベネズエラ代表と対峙した日本代表は、森保一監督就任以降… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2018/11/17

川口能活がいま引退を選んだ理由。燃え尽きてはいない、次の情熱へ。

サッカー日本代表PRESS

川口能活がいま引退を選んだ理由。
燃え尽きてはいない、次の情熱へ。

清々しいという表現は、この日、この時、この男のため、にあるようなものだろう。11月14日、川口能活の現役引退会見が行われた。… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2018/11/15

遠藤航、万能タイプからの脱皮。「ボランチなんだと認めさせたい」

サッカー日本代表PRESS

遠藤航、万能タイプからの脱皮。
「ボランチなんだと認めさせたい」

最近の転職市場、スペシャリストが有利だと聞いた。一方会社では、ジェネラリストも重宝される。自分は今後、会社で専門的な仕事… 続きを読む

オノシンタロウShintaro Ono

サッカー日本代表

2018/11/14

ページトップ