Number on NumberBACK NUMBER

栗山監督10年間の評価

posted2021/11/28 07:00

 
栗山監督10年間の評価<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

栗山監督は今季、伊藤大海、堀瑞輝、野村佑希、髙濱祐仁ら若手を育成。新庄剛志“ビッグボス”へとバトンを受け渡した

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 日本ハムの監督を10年間にわたって務めた栗山英樹監督が退団した。近年、最初に就任したチームで、10年にわたって監督を務めるというのは、相当にまれなことだった。栗山監督の10年間をじっくり振り返ってみよう。

 10年間で2012年、'16年に優勝、'16年は広島との日本シリーズでも勝利した。Aクラスが5回で、通算の勝敗は684勝672敗54分だった。就任1年目を含む2回の優勝は球団の歴史に重要なページを刻んだ。だが通算勝率.504という成績は、勝った試合が、負けた試合をちょっとだけ上回るという成績だった。通算の勝率だけなら、歴代の日本ハムにおいて、栗山監督より上の監督はいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1706文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ