野球善哉BACK NUMBER

「このままでは韓国・台湾に勝てなくなる…」社会人野球の“強い危機感”はプロ野球に届くか?【野球データ革命】

posted2020/12/14 17:03

 
「このままでは韓国・台湾に勝てなくなる…」社会人野球の“強い危機感”はプロ野球に届くか?【野球データ革命】<Number Web> photograph by KYODO

今年の都市対抗野球。NTT東日本を破って優勝を決め、喜ぶホンダナイン

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

KYODO

 実況アナウンサーが実感を込めて説明していたのが印象的だった。

「選手の数だけ、特徴があるということですね」

 その問いかけに解説者たちも相槌を打つ。

「データを元にすれば、目標の選手に近づかせる育成も出来るんです」

 これ、野球中継では初めてと言っていい成果が生まれた瞬間だった。

 今月3日に幕を閉じた都市対抗野球大会ではホンダが11年ぶり3度目の優勝を果たした。その中継で、今年からちょっとした試みが行われた。これまでの実況と解説、リポーターに加えて、アナリストと呼ばれる“職種”がデータ解説者として新たな役割を与えられ中継に参加。球場に備え付けられたトラックマン(弾道測定機器)のデータを参照して分析し、選手の特徴を伝えたのだ。

 取り上げられるデータは、投手の「球速」「ボールの回転数」、打者の「スイング速度」「角度」「飛距離」などだ。

 例えば、決勝戦の実況でネクストベース社の神事努氏は、今大会の首位打者賞を獲得、準決勝戦でグランドスラムを放った佐藤竜彦(ホンダ)の特徴をこう説明した。神事氏はバイオメカニクスの研究者として知られる指折りのスポーツ科学者だ。

「(準決勝のグランドスラムは)打球速度が180キロ、角度は25度で、長打が出やすいと言われるバレルゾーンのど真ん中の数値を出しています。飛距離は133メートル、かなり振ることができる選手であり、コンタクトする能力もあります」

メジャーリーグと日本の“大きな違い”

 昨今の野球界はテクノロジー化が進んでいる。

 プロ野球の11球団の本拠地球場にトラックマンが設置されるなど、各球団はこれまで得ることはできなかった新たなデータを元に戦略を練っている。データ運用は球団によってまちまちだが、時代の変化は確実に起こっている。

【次ページ】メジャーリーグと日本の“大きな違い”

1 2 3 NEXT

プロ野球の前後の記事

ページトップ