スポーツ百珍BACK NUMBER

野球ユニフォームって動きやすいの?
ミズノの開発担当者に聞いてみた。

posted2020/03/28 09:00

 
野球ユニフォームって動きやすいの?ミズノの開発担当者に聞いてみた。<Number Web> photograph by Satoshi Shigeno

野球ユニホームのプロフェッショナル、ミズノの松井克徳さん。この世界、深い。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Satoshi Shigeno

 仕事柄、いろいろな競技のユニフォームを目にする。そしてスポーツアパレル各社からテクノロジーの進歩によって数多くの改良が図られているなどのリリースをいただく。

 その中で、いつも思うことがある。

 野球のユニフォーム……動きづらそうじゃない?

 少年野球をちょっとかじった後、サッカーやバスケなど色んなスポーツを経験した身であると、インナーシャツを着てのベースボールシャツ、でもってベルト付きの長ズボンにストッキング。他競技に比べて格段に“厚着”で、ただただ動きづらかった印象なのである。

 そんな疑問をずっと持っていたんだから、作ってる人に聞いてみるか……。電話してみたら、話を聞かせてくれるという。新幹線で向かう先は大阪、ミズノ株式会社の本社。「野球のユニフォームはホントにあれがベストの形なのか。20年前はゴワゴワだったが今は進化しているのか、問いたい!」と勇んで行ってみた。

開発担当者も厚着には疑問?

「実際そうですもんね。それが野球を定期的にプレーしたことのない皆さんから見た、素直な感想というかね、そう思いますよ。なんで何枚も重ねて着るんだろう、とか(笑)」

 取材に応じてくれた野球アパレルの担当者・松井克徳さんが意外にもあっさりと認めつつ、厚着にも疑問を持っていたようで、こちらが驚いてしまった。

 実は松井さん、高校時代は甲子園に出場するなど、白球を追っていた元球児だ。今も野球の現場に足を運び、時間があれば自らユニフォームの機能性をチェックするため、草野球に励むというプレーヤー&開発者の鑑のような人である。

 日焼けした笑顔とたくましい肉体、威圧感あるな……との第一印象だったが、松井さんは想像できない柔らかな物腰でユニフォームの変遷について説明してくれた。

【次ページ】 昔はダボっと、今はピタッと。

1 2 3 4 NEXT

プロ野球の前後のコラム

ページトップ