スポーツ百珍BACK NUMBER

野球ユニフォームって動きやすいの?
ミズノの開発担当者に聞いてみた。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph bySatoshi Shigeno

posted2020/03/28 09:00

野球ユニフォームって動きやすいの?ミズノの開発担当者に聞いてみた。<Number Web> photograph by Satoshi Shigeno

野球ユニホームのプロフェッショナル、ミズノの松井克徳さん。この世界、深い。

快適さと、儀式性の両立。

 そんな感じで一般生活にも役に立っている野球のユニフォームだが、野球用ハーフパンツの練習用ユニフォームを開発するなど、ここ近年の酷暑など気候変動に対応した商品も増えているのだという。

 野球に限らずどんな競技でも少しでも快適にプレーしたいと思うのは当然だ。その一方で大事な練習・試合に臨む際、野球のユニフォームには「正装で」という儀式的な思いが込められているのだろう。

 松井さんは「ハーフパンツを作ったことで、また新しい技術を野球のユニフォームにも還元していきたいですね」とも語っていたし、生地が変わってもスライディングなどの激しいプレーをしても破けない耐久性はキープしているという。

 それに加えて真っ白な練習ユニフォームに関しては「汚れにくい、汚れが落ちやすい」工夫もしている。これは選手というよりも、保護者からの「泥がついても洗濯しやすいと嬉しい」との要望に応えた進化だそうだ。

 パッと見は変わらない「正装」だからこそ――本格的な球春到来となった際には、選手のプレーだけでなく、少しずつ進化している野球のユニフォームにも目を凝らしたいものだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4

プロ野球の前後の記事

ページトップ