濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

道場マッチに後楽園、路上プロレス。
マット界の無観客試合は多種多様。

posted2020/03/12 20:30

 
道場マッチに後楽園、路上プロレス。マット界の無観客試合は多種多様。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

3月8日のスターダム後楽園ホール大会。無観客の会場は異様な光景だったが、スモークを使った演出など独自の楽しさも。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Norihiro Hashimoto

 このままではどこかの団体が潰れてもおかしくない。そんな危機感が確かにある。

 新型コロナウィルスによる自粛要請、自粛ムードが長引き、それだけプロレス界でも興行の延期、中止が相次いでいる。充分に対策を打ち出した上で開催する団体もあるのだが、自治体が運営にかかわる施設も多いだけに「やりたくても会場がやらせてくれない」ということも。

 団体経営だけでなく、選手のモチベーションやコンディションにも影響がある。観客の拍手と歓声がレスラーのエネルギー源なのだ。

 業界でいち早く興行自粛を発表したのは、女子団体スターダム。政府の自粛要請を受け、DDTもそれに続いた。

「何もしないのはファンに申し訳ない」

 とはいえ、転んでもただでは起きないのがDDTである。

「何もしないというのはプロレスファン、DDTの試合を楽しみにしてくれた人たちに申し訳ない」と語ったのは社長の高木三四郎。

 DDTおよび同系列の東京女子プロレスは、都内の道場で無観客試合を実施。その模様を映像配信サービスDDT UNIVERSEで生中継している。

 現場で見ているのはスタッフとマスコミ数人だけという状況だが、路上プロレスなどいかなるシチュエーションにも対応してみせるのがDDTの選手たちだ。

 カメラを意識しながら“無観客試合の面白さ”を見事に成立させた。カメラを意識するというのは、つまりその向こうにいるファンの存在を信じるということだ。男色ディーノは巧みに画面から姿を消し、遠くから聞こえる悲鳴で“惨劇”を演出してみせた。

【次ページ】 プロレスの“見せ方”を広げることに。

1 2 3 4 NEXT
スターダム
DDT
高木三四郎
男色ディーノ
東京女子プロレス
ガンバレ☆プロレス
勝村周一朗
翔太
木村花
ジュリア
岩谷麻優
鹿島沙希
獣神サンダー・ライガー
大仁田厚
青木真也
HARASHIMA

プロレスの前後のコラム

ページトップ