プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

ライガーが語る女子プロレスの世界。
「岩谷麻優にオカダ・カズチカを見た」

posted2020/03/15 19:00

 
ライガーが語る女子プロレスの世界。「岩谷麻優にオカダ・カズチカを見た」<Number Web> photograph by Essei Hara

観客席の上段で蹴落とされて解説のライガーの席まで転げ落ちていった岩谷麻優。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 後楽園ホールの入口で、獣神サンダー・ライガーは少しほっとしたような表情を浮かべていた。マスク越しに見える顔は黒く日焼けしている。

 3月8日、後楽園ホールで解説者としての仕事が入っていた。

 新型コロナウィルスの対策の1つとして、まずはホールの入り口での体温測定が義務付けられていたのだ。

 それを無事クリアしてひと言「よかった」となったわけだが、会場に入るとまた、違った異様な雰囲気を味わうことになった。

 客がいない。

 今や毎日のように耳にする「無観客」という現象だ。

 スターダムのオーナーでもあるブシロードの木谷高明氏は、Jリーグやプロ野球が中止や延期、無観客をアナウンスする以前に、スターダムの予定されていた興行中止とこの日の無観客試合をいち早く決めていた。

 ライガーは無観客で戦ったことはない。無観客の試合を見たこともない。

「緊張していますよ。女子プロレスは初めてです。それにこうして無観客ですし、選手の名前もよくわからないから。いや、下田(美馬)ねえさんは知っていますけれどね」

 ライガーが体感する初めての女子プロレス。新日本プロレスの大会なら自信満々で座れたはずの放送席に、なにか怖いものを見たのかもしれない。怖いものに向かうとき、人は極端に陽気を装ったり、声高になる。それがこの日のライガーにも当てはまったような気がした。

「ファンの気持ちで放送席に座る」とライガーは言っていたが……第一試合の“時間差バトルロイヤル(選手が時間差で次々と入場する方式)”を見ていると、自然にプロの目になっていた。

新鮮な驚きの連続だった女子プロレス。

 まず17歳のAZM(あずみ)に驚いた。

 彼女が小学生の時からリングに上がっていてもう7年のキャリアがあると知らされると目を丸くした。そして繰り出した技に「決め方がしっかりしている。あれは返せない」と評した。

 さらに13歳という驚愕の年齢の中学生の双子姉妹・吏南と妃南に、またしても驚き、くれぐれもケガをしないようにと付け加えた。

 バトルロイヤルの後、ライガーはいったん放送席を離れると、メインが始まるまで誰もいない客席からリングで繰り広げられる試合を真剣に見つめていた。そこにはオープニングの時間差バトルロイヤルを明るく語っていたライガーはいなかった。

 時には険しいくらいの表情でリングに視線を投げていた。

【次ページ】 最初は「ただの乱闘」と切って捨てたが……。

1 2 3 4 NEXT
獣神サンダー・ライガー
岩谷麻優
鹿島沙希
オカダ・カズチカ
木谷高明
AZM
吏南
妃南

プロレスの前後のコラム

ページトップ