欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

必見、プレミアのスター候補4人衆。
ペップやランパードの期待も特大! 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/08/06 11:50

必見、プレミアのスター候補4人衆。ペップやランパードの期待も特大!<Number Web> photograph by Uniphoto Press

超新星として期待を集めるフォデン。マンチェスター・シティの新たな象徴となれるか。

カンテら粒ぞろいの中盤で勝負する。

 6歳でチェルシーのアカデミーに加入し、15歳でアンダー18デビュー。17歳になるとアンダー23の主力に定着するなど、エリートコースを突き進んできた。また、2年前の夏に開催されたアンダー19ヨーロッパ選手権ではイングランドに優勝をもたらし、みずからはMVPとベスト11に輝く大活躍だった。

 エンゴロ・カンテ、ジョルジーニョ、マテオ・コバチッチ、ロス・バークリーなど、チェルシーの中盤は粒が揃っている。シティのフォデン同様、マウントも定位置を確保するのは難しいだろう。

 しかし、下部組織出身の選手がクローズアップされるなんて、ロマン・アブラモビッチが買収した後のチェルシーにはなかった。

 スター不在は寂しいものの、生粋のチェルシーっ子を育てる喜びも見いだせる。心あるサポーターはときに厳しく、ときに優しく、20歳の若者を励まし続けるに違いない。

「オレたちのマウントだぜ」

 プレミアリーグは激闘の連続だ。今回ピックアップした4人の若者たちも成功と失敗を繰り返し、毛穴や血管、脳髄までが痺れてくることもあるだろう。だが、敵を叩きのめし、降伏させた瞬間の恍惚感は何ものにも代えられないはず。

 スター誕生か、泥を舐めるか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジョゼップ・グアルディオラ
フィル・フォデン
フランク・ランパード
アーロン・ワン・ビサカ
ジェームズ・マディソン
メイソン・マウント

海外サッカーの前後の記事

ページトップ