Number ExBACK NUMBER

「日本の筋トレ」と歩んだ34年・後編。
身体を動かす愉しさを知った日本人。 

text by

増田晶文

増田晶文Masafumi Masuda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/03/17 11:05

「日本の筋トレ」と歩んだ34年・後編。身体を動かす愉しさを知った日本人。<Number Web> photograph by AFLO

カリフォルニア州のベニスビーチは、マッスルビーチとも呼ばれる筋トレの聖地。写真は1990年代の様子。

身体を動かす愉しさを知った日本人。

 長らく日本人にとってスポーツは「嗜み」だった。しかも「勝負」が優先で「娯楽」とはほど遠い。学生ならともかく、社会に出て運動を継続するなど現実味が低かった。

 昭和40年代、デブと同義の「恰幅がいい」は社会的成功者をシンボライズさえしていたことは特筆に値する。社長サンにとって、親しむべきスポーツはゴルフくらい……。当節の若手CEOたちのフィットネス自慢とは雲泥の差だ。

 男は企業戦士として闘わねばならず、女は良妻賢母であることを求められた。スポーツより仕事、家事――運動不足に陥るのは当然だろう。

 そんな日本人が、高度経済成長期からバブル期を迎え、身体を動かす愉しさと意義を知るようになった。ほどなく景気は悪化したものの高齢社会がきて、若さ志向と健康志向が日本を覆った。

 若々しくありたい気持ちを私は否定しない。そこへ、より身近に気軽にスポーツする環境が整ってきた。

 この分野は、今後とも有望な市場であり続けるだろう。新手のフィットネスビジネスも次々に登場するはずだ。

「身体にいいこと、いろいろやってる!」

 まさに私たちは、日本のフィットネス史におけるパラダイムシフトを経験している。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ