Number ExBACK NUMBER

「日本の筋トレ」と歩んだ34年・後編。
身体を動かす愉しさを知った日本人。 

text by

増田晶文

増田晶文Masafumi Masuda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/03/17 11:05

「日本の筋トレ」と歩んだ34年・後編。身体を動かす愉しさを知った日本人。<Number Web> photograph by AFLO

カリフォルニア州のベニスビーチは、マッスルビーチとも呼ばれる筋トレの聖地。写真は1990年代の様子。

かつてはお荷物だった筋トレが……。

 タレントにも筋トレの波が押し寄せ、トレンドになろうとしている。以前なら「ムキムキ」と揶揄されただろうに、当節は「いいね!」と評価される。

 今や腹筋はシックスパックと呼ばれ、猫も鼠もスクワットに勤しむ。かつてはトップアスリートの専売特許だった、パーソナルトレーナーが認知されるようにもなった。

 公営体育館やプールにも筋トレ器具が並ぶ。フィットネスクラブ並みの陣容を誇るトレーニングルームを備えた学校も珍しくない。

 近年のフィットネスブームの一角は、かつてクラブのお荷物だった筋トレが支えているといっても過言ではあるまい。

 筋肉育成の聖地・カリフォルニアはベニスビーチでスタートした「ゴールドジム」が、日本に上陸し、かなりの盛況ぶりではないか。

 芸能人ご用達で名を売るジムがあるし、結果にコミットする「ライザップ」しかり。「カーブス」も中高年女性にターゲットを限定した“チョイ筋トレ”のジムだ。近年つぎつぎにオープンする24時間営業のジムは、多くが筋トレに特化している。

進む「筋トレのカジュアル化」。

 マッスルモンスターが揃うボディビル大会ではなく、もっとソフィスティケートされた肉体で競う「ベストボディ・ジャパン」の初開催は2013年。年ごとに盛況をみて、もはや参加人員でボディビルコンテストを凌駕してしまった。同じカテゴリーの「サマースタイルアワード」「フィットネスエンジェル」も盛況らしい。

 どうやら「筋トレのカジュアル化」と「筋トレのライト化」が凄まじい勢いで進んでいるようだ。

 かつてフィットネスクラブは商圏内での競合が難しいといわれていた。

 だが現在、エリアによっては大型チェーン店のライバル同士ばかりかマッスル系、ヨガ系など中小クラブが並立している。うまく棲み分けできているのだから、おもしろい。

【次ページ】 身体を動かす愉しさを知った日本人。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ