“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

5-0は大差か、勝負のアヤか。
青森山田だけが持っていたもの。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTadakatsu Matsuzaka

posted2017/01/10 12:20

5-0は大差か、勝負のアヤか。青森山田だけが持っていたもの。<Number Web> photograph by Tadakatsu Matsuzaka

22度目の出場にして初めて戴冠を果たした青森山田。高円宮杯U-18チャンピオンシップとの2冠は史上初。選手権歴代優勝校の中で最北端の高校となった。

夏から秋にかけて急激に成長していた前橋育英。

 3年生のキャプテン大塚諒と部長の長澤昴輝がリーダーシップを発揮し始め、選手達で自主的にミーティングを重ねるようになった。

 8月中旬に石川県で開催された「和倉ユースサッカー大会」では、チーム一丸となって戦い優勝。失っていた自信を、完全に取り戻した。

 その勢いのままに、県予選を制し、プリンスリーグ関東でも終盤こそ敗戦が多かったが、良い形の試合をするようになった。さらにこの過程の中で、FW人見大地とGK月田啓が急成長。夏から秋にかけて驚くほどの成長曲線を見せ、チームの太い柱になっていった。

 今では、人見の正確なポストプレー無くして、前橋育英の2列目のチャレンジ、高い連動性は見出せないほどの中心選手にまで育った。月田もハイボール処理が安定し、守備範囲が広がったことで、2年生主体のDFラインも後ろを信頼してラインコントロールが出来るようになったのだ。

本当は点差ほど実力差は無かった、決勝戦。

「彼らは絶対に強くなる」

 名将・山田監督の予言は見事に的中した。

 その先見の明と、選手達の努力により、2回戦でインターハイ王者・市立船橋に一歩も引かず、0-0からのPK勝利。それ以降もきっちりと完封勝利を飾り続け、“必然”のファイナリストとなったのだ。

 だが、この必然のファイナリスト同士の一戦。明暗を分けた「勝負のアヤ」は、「経験」のことだった。

「今日の試合に関しては、『あの時のプレミアのように』というのがテーマでした。チャンピオンシップの広島ユース戦や、プレミアイースト最終戦のFC東京U-18戦と、タイトルが懸かった決戦で失点をしなかった。そして、勝ち切った。その成功体験をこの決勝で信じて出すことを話した」(青森山田・黒田剛監督)

【次ページ】 無失点でタイトルを獲る、貴重な経験について。

BACK 1 2 3 4 NEXT
青森山田高校
前橋育英高校
山田耕介
黒田剛
大塚諒
長澤昴輝
人見大地
月田啓
鳴海彰人
小山内慎一郎
橋本恭輔

高校サッカーの前後の記事

ページトップ