リオ五輪PRESSBACK NUMBER

男子柔道、復権の全階級メダル獲得。
井上康生監督が変えた代表の空気。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/13 15:00

男子柔道、復権の全階級メダル獲得。井上康生監督が変えた代表の空気。<Number Web> photograph by JMPA

言わずと知れたシドニー五輪金メダリストにして、天才の名をほしいままにした井上康生監督。男子柔道再建の任を見事果たしたといえるだろう。

「いろいろな、素晴らしい子どもたちがいました」

 井上の選手への心情は、大会を総括する囲み取材の中で、何度か繰り返された言葉にもあった。

「いろいろな子どもたちがいました」

「素晴らしい子どもたちでした」

 選手との年齢差を考えれば、井上はどちらかと言えば、親というよりも兄貴分にあたるだろう。また、監督となって以降の取り組みとして、ときに「選手と対等な関係での会話」がクローズアップされたこともあった。

 そんな報道とは少し異なる趣の「子どもたち」という言葉は、井上の選手への思いの根っこを示していた。
 
 厳しい練習をくぐりぬけ、一定以上の力を持つからこそ、プライドも内包する日本代表選手たちの力を引き出したのは、鞭を振るうことではなかった。

 わが子に接するような深い愛情とあたたかさを含んだ、心からの信頼だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上康生
原沢久喜
高藤直寿
海老沼匡
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック
NSBC

格闘技の前後のコラム

ページトップ