SCORE CARDBACK NUMBER

3大会開催発表のRIZINに、新時代のスター登場を期待。~ネット放送全盛の時代に、なぜフジテレビか~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2016/08/09 09:00

3大会開催発表のRIZINに、新時代のスター登場を期待。~ネット放送全盛の時代に、なぜフジテレビか~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

無差別級は9月25日に1回戦、12月29日に2回戦、31日に準決勝と決勝が行なわれる予定。

 昨年末の2回興行で華々しくスタートしたRIZINがようやく動き出した。今年の活動は4月の名古屋大会だけにとどまっていたが、7月16日の会見で、9月25日、12月29日&31日の3大会(いずれも会場はさいたまスーパーアリーナ)の開催を一気に告知したのだ。

 売りは3大会で連動して行なわれる無差別級トーナメント。会見ではミルコ・クロコップ、ヴァンダレイ・シウバ、バルト、藤田和之の参戦が発表された。9月大会のワンマッチとしては所英男vs.クロン・グレイシー、才賀紀左衛門vs.山本アーセンがアナウンスされた。才賀や山本はスター候補生ながら、RIZINの榊原信行実行委員長は「守っている場合ではない」とあえてぶつけた格好だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ミルコ・クロコップ
ヴァンダレイ・シウバ
バルト
藤田和之
所英男
クロン・グレイシー
才賀紀左衛門
山本アーセン
榊原信行

格闘技の前後のコラム

ページトップ