JリーグPRESSBACK NUMBER

金字塔間近の佐藤寿人と大久保嘉人。
福西崇史が語る中山雅史との共通点。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/02/24 10:40

金字塔間近の佐藤寿人と大久保嘉人。福西崇史が語る中山雅史との共通点。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ゼロックス・スーパー杯で見せたゴールには、スペースを生み出して飛び込む、佐藤寿人らしさが凝縮されていた。

日本代表経験者FWの中で起用され続けるということ。

 広島には浅野(拓磨)選手、川崎には小林悠選手、今季から加入した森本(貴幸)選手ら、世代別も含めて日本代表を経験したFWがいます。そんな競争の中でもレギュラーとして起用されているのは、今まで話した経験値とともに、チームを勝利に導くために自分がゴールを挙げるという「熱意」にもあると思います。

 プロサッカー選手は、チームを勝利に導くことが大前提として問われます。その中でストライカーとして一番必要とされるのはもちろん、ゴールを奪うこと。両方を意識して結果を残しているからこそ、チームメート、監督の両方からも信頼を受け、起用され続けている。この姿勢を長年続けてきたことで、通算最多ゴール数更新を狙えるところにまでたどり着けたのだと思います。

(構成・茂野聡士)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福西崇史
佐藤寿人
大久保嘉人
中山雅史
サンフレッチェ広島
川崎フロンターレ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ