サンフレッチェ広島 

87件中 1 - 20件を表示
広島・森崎和幸、引退決断の真相。見守り続けた西岡明彦アナとの絆。

JリーグPRESS

広島・森崎和幸、引退決断の真相。
見守り続けた西岡明彦アナとの絆。

「開口一番、『どっちがどっちだか、分かりますか?』と聞いてきたんですよね」15年近く前のことを懐かしく振り返る声を、サッカ… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/12/28

強いサンフレッチェ広島ユース復活!高円宮杯を制し名実ともに日本一へ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

強いサンフレッチェ広島ユース復活!
高円宮杯を制し名実ともに日本一へ。

U-18世代で最高峰のリーグ戦である高円宮杯プレミアリーグ。日本列島を東西に分け、それぞれ10チームずつがホーム&アウェイのリ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/12/17

森崎兄弟が語る“ポイチ流”の秘密。選手のテンションが自然に上がる。

Number Ex

森崎兄弟が語る“ポイチ流”の秘密。
選手のテンションが自然に上がる。

企画のヒントは過去にある。4勝1分。就任間もない森保一監督率いる日本代表はなぜ強いのか。その答えはきっと1つではないだろう… 続きを読む

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

2018/12/07

終盤突き放す川崎、逃げ切れぬ広島、そして鹿島が見せた「勝者の作法」。

ひとりFBI ~Football Bereau of Investigation~

終盤突き放す川崎、逃げ切れぬ広島、
そして鹿島が見せた「勝者の作法」。

リードを奪って、残り〇分――。そこから先の振る舞い方が「天国と地獄」の分かれ目だった。J1の覇権争いだ。 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

2018/11/10

アクセスが悪いと集客に不利か。広島のスポーツ事情から考える。

【NSBC補講II】 BリーグNo.1経営者のビジネス論

アクセスが悪いと集客に不利か。
広島のスポーツ事情から考える。

Bリーグが開幕して1カ月――。千葉ジェッツふなばしは、キャプテン・小野龍猛の右手舟状骨骨折を始め、大宮宏正の腰痛、トレイ・… 続きを読む

島田慎二Shinji Shimada

2018/11/02

佐々木翔が感じた長友佑都との差、2人を知る城福監督からの言葉。

サッカー日本代表PRESS

佐々木翔が感じた長友佑都との差、
2人を知る城福監督からの言葉。

10月16日、日本代表は堅守が伝統のウルグアイから4得点を奪い、4-3で勝利。森保一監督就任後のテストマッチで3連勝を飾った。試… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/10/29

U-20W杯を狙う守護神の厳しい競争。第3GKの若原智哉は涙を堪えて……。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯を狙う守護神の厳しい競争。
第3GKの若原智哉は涙を堪えて……。

非常に気丈だった。取材している筆者ですら心を揺さぶられるほどに――。AFC U-19選手権グループリーグ第3戦・イラク戦後のミッ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/10/26

柏・大谷秀和と鈴木大輔が語った、残留争いでの“割り切り方”とは。

Jをめぐる冒険

柏・大谷秀和と鈴木大輔が語った、
残留争いでの“割り切り方”とは。

大型の台風25号の影響で10月6日、中国地方では強風が吹き乱れ、平和記念公園の約15メートルの樹木が根元から倒れたという。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2018/10/10

J1首位・広島をお尻から支える池田誠剛コーチと「座らない椅子」。

JリーグPRESS

J1首位・広島をお尻から支える
池田誠剛コーチと「座らない椅子」。

サンフレッチェ広島の練習場、吉田サッカー公園の天然芝グラウンドには、全体練習が終わると「椅子」が持ち込まれる。 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/09/21

北京五輪の落選ショックから10年。青山敏弘が森保Jで巻いた赤い腕章。

サッカー日本代表PRESS

北京五輪の落選ショックから10年。
青山敏弘が森保Jで巻いた赤い腕章。

開口一番、青山敏弘は「なにもできなかったね」と試合を振り返った。しかし、ネガティブな言葉とは裏腹に、その表情は充実感に満… 続きを読む

原山裕平Yuhei Harayama

2018/09/14

青山敏弘って「チルドレン」なの?森保監督との年齢差的にはむしろ……。

サッカー日本代表PRESS

青山敏弘って「チルドレン」なの?
森保監督との年齢差的にはむしろ……。

自分が教えた選手のことを「教え子」などと言いますが、その教えによって才を伸ばし、重用していく選手は「愛弟子」とか「子飼い… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/08/31

広島のパトリックはPK1つでも貪欲。Jで勝負する外国人FWに学ぶこと。

くまさんの蹴球漂流記

広島のパトリックはPK1つでも貪欲。
Jで勝負する外国人FWに学ぶこと。

海外でスタジアム巡りや草サッカー見物をしていると、サッカーで道を切り拓こうと国を飛び出した若者に出会うことがある。 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2018/08/11

青山敏弘の心からトゲは消えた。W杯の後悔と、広島での独走と。

サムライブルーの原材料

青山敏弘の心からトゲは消えた。
W杯の後悔と、広島での独走と。

ロシアで見た、柴崎岳のパスにシビれた。三ツ沢で見た、青山敏弘のパスにシビれた。ワールドカップとJリーグ、相手も場所も大会… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/08/08

首位・広島に戻ってきた頼れる男。千葉和彦「再び息子と歩くために」

JリーグPRESS

首位・広島に戻ってきた頼れる男。
千葉和彦「再び息子と歩くために」

2月24日、エディオンスタジアム広島で行われた、サンフレッチェ広島と北海道コンサドーレ札幌のJ1リーグ開幕戦。広島のDF千葉和… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/07/27

J1広島独走はレスターの乱と同じ?城福新監督が授けた最高の「普通」。

ひとりFBI ~Football Bereau of Investigation~

J1広島独走はレスターの乱と同じ?
城福新監督が授けた最高の「普通」。

ひとり旅が、終わらない。目下、J1戦線で首位を走るサンフレッチェ広島だ。走るどころの騒ぎではない。もう「ぶっちぎり」に近い… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

2018/05/19

仲介人、社長、実況アナウンサー。西岡明彦の24時間365日サッカー人生。

Jをめぐる冒険

仲介人、社長、実況アナウンサー。
西岡明彦の24時間365日サッカー人生。

アナウンサーを職業として選ぶ人は、しゃべることが天職だと感じている人ばかりだろうと思っていた。ましてや会社を辞めてフリー… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2018/04/20

8試合でわずか2失点の驚異的堅守。広島・林卓人「動かぬ」守護神哲学。

JリーグPRESS

8試合でわずか2失点の驚異的堅守。
広島・林卓人「動かぬ」守護神哲学。

クリーンシート。文字通り何も書きこまれていない、真っさらな紙。サッカーでは無失点試合を意味する。守備者は勝利という結果は… 続きを読む

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

2018/04/18

日本に恋して、広島から湘南へ。ミキッチと家族の愉快な10年記。

JリーグPRESS

日本に恋して、広島から湘南へ。
ミキッチと家族の愉快な10年記。

異国の街に恋をする。旅や仕事で訪れた場所でそんな経験をすることは、誰にでもあるかもしれない。例えば、小説家の檀一雄はポル… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/04/11

FWティーラシンに「いいね」殺到!広島に来たタイ人番記者の凄い密着度。

JリーグPRESS

FWティーラシンに「いいね」殺到!
広島に来たタイ人番記者の凄い密着度。

今季のJ1リーグ序盤戦のトピックスの1つといえば、タイ人選手の活躍だろう。サンフレッチェ広島に新加入したFWティーラシンが、… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/03/29

ボールボーイ事件、頷く大杉漣さん。馬渡和彰、徳島での後悔を胸にJ1へ。

JリーグPRESS

ボールボーイ事件、頷く大杉漣さん。
馬渡和彰、徳島での後悔を胸にJ1へ。

サンフレッチェ広島が今季初めて全体練習を行った1月22日。雪交じりの冷たい雨の中で練習を終えた馬渡和彰は、旧知のメディア関… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/03/02

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ