SCORE CARDBACK NUMBER

Rソックス対ヤンキース。
覇権争いの行方を占う。
~ア・リーグ東地区、連覇か雪辱か~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/04/11 06:00

Rソックス対ヤンキース。覇権争いの行方を占う。~ア・リーグ東地区、連覇か雪辱か~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ハイレベルなア・リーグ東地区を勝ち抜けるかは、上原(左)とマッキャンにかかっている。

 日米を問わず、野球界で「連覇」は至難の業と言われ続けてきた。特に、メジャーでは、2000年にヤンキースが3連覇を遂げて以来、2年連続で世界一に上り詰めたチームはいない。

 その難関に挑む昨季の王者レッドソックスは、今季も優勝候補の最右翼として評価が高い。なかでも、絶対的なクローザーとなった上原浩治は、オープン戦6試合に登板し、6回を投げて1本の安打も許さない完璧な仕上がりを見せた。セットアッパーの田澤純一も6試合でわずか1失点。ともに順調に公式戦への準備を終えた。開幕を前に、上原は「けがなく終われたのでよかったです」と淡々と話したが、今季のモットーとして「反骨心」を掲げるなど、チャンピオンリングを手にした慢心はない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ボストン・レッドソックス
ニューヨーク・ヤンキース
上原浩治
ジョン・ファレル
田中将大
ブライアン・マッキャン

MLBの前後のコラム

ページトップ