ジョン・ファレル 

10件中 1 - 10件を表示
大谷翔平の獲得合戦は始まっている!速く、そして動くストレートの威力。

プロ野球亭日乗

大谷翔平の獲得合戦は始まっている!
速く、そして動くストレートの威力。

日米野球の一つの側面に、日本人選手のメジャーへの品評会という性質がある。11月12日の京セラドームで行われた第1戦でも、ネッ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2014/11/14

ビデオ判定で「余白」が消える――。MLB審判新制度と野球文化の考察。

プロ野球亭日乗

ビデオ判定で「余白」が消える――。
MLB審判新制度と野球文化の考察。

メジャーリーグで今年から導入されたビデオ判定の拡大とチャレンジ制度は、少しばかり波乱のスタートとなったようである。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2014/04/19

Rソックス対ヤンキース。覇権争いの行方を占う。~ア・リーグ東地区、連覇か雪辱か~

SCORE CARD

Rソックス対ヤンキース。
覇権争いの行方を占う。
~ア・リーグ東地区、連覇か雪辱か~

日米を問わず、野球界で「連覇」は至難の業と言われ続けてきた。特に、メジャーでは、2000年にヤンキースが3連覇を遂げて以来、2… 続きを読む

四竈衛Mamoru Shikama

有料

2014/04/11

最優秀監督と新潮流。~MLB今季最高の指揮官に思う~

スポーツ・インサイドアウト

最優秀監督と新潮流。
~MLB今季最高の指揮官に思う~

大リーグの2013年最優秀監督賞が発表された。ア・リーグが、インディアンスのテリー・フランコーナ。ナ・リーグが、パイレーツの… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2013/11/16

上原浩治の“出来すぎた”1年間。38歳の男を支える、等身大の反骨心。

MLB東奔西走

上原浩治の“出来すぎた”1年間。
38歳の男を支える、等身大の反骨心。

レッドソックスの上原浩治投手。彼の今シーズンを振り返ると、本人が表現しているように“出来過ぎ”という言葉が最も適している… 続きを読む

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

2013/11/10

松坂大輔、復帰2戦目も勝利ならず。課題はメンタルと、投球の“間合い”。

スポーツ・インテリジェンス原論

松坂大輔、復帰2戦目も勝利ならず。
課題はメンタルと、投球の“間合い”。

ニューヨーク・メッツに移籍した松坂大輔。今季2度目の先発登板となった28日のフィリーズ戦は、前回に引き続き、またしてもほろ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2013/08/30

「こちらを選んで良かったかな」田澤純一、手術から3年目の開花。

MLB東奔西走

「こちらを選んで良かったかな」
田澤純一、手術から3年目の開花。

現在、日本人メジャー選手の中で、日本での知名度が低い選手と尋ねられたら誰を想像するだろうか。個人的にはレッドソックスの田… 続きを読む

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

2013/07/23

守護神・上原浩治誕生の裏にある、レッドソックスのブルペン騒動。

スポーツ・インテリジェンス原論

守護神・上原浩治誕生の裏にある、
レッドソックスのブルペン騒動。

梅雨の日本を脱出して、取材でボストン、オークランドと回ってきた。メジャーリーグは折り返し地点を過ぎ、オールスター、そして… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2013/07/05

不正投球、同性愛などで議論白熱。変わりゆくメジャーのタブー意識。

MLB東奔西走

不正投球、同性愛などで議論白熱。
変わりゆくメジャーのタブー意識。

ここ最近、メジャーリーグでこれまで“タブー”と認識されていたことについて、思わず考えさせられるような出来事が立て続けに起… 続きを読む

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

2013/05/15

中継ぎ投手・上原浩治が絶好調!数字が証明するMLB屈指の凄さとは?

MLB東奔西走

中継ぎ投手・上原浩治が絶好調!
数字が証明するMLB屈指の凄さとは?

メジャーリーグの開幕から3週間。今シーズンは開幕から日本人投手たちの活躍が目立っている。その中でここまでのMVPを選ぶとする… 続きを読む

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

2013/04/30

ページトップ