木崎伸也 関連コラム

著者プロフィール 

木崎伸也Shinya Kizaki

1975年1月3日、東京都出身。2002年W杯後にオランダへ移住し、'03年からドイツ在住。現地のフットボール熱をNumberほか多くの雑誌・新聞で伝えてきた。'09年2月1日には帰国し、海外での経験を活かした独自の視点で日本のサッカージャーナリズム界に新風を吹き込んでいる。著書に「2010年南アフリカW杯が危ない!」(角川SSC新書)、「サッカーの見方は1日で変えられる」(東洋経済新報社)、「世界は日本サッカーをどう報じたか」(KKベストセラーズ)がある。2012年9月に風間八宏氏との共著で「革命前夜」(カンゼン)を上梓した。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
<新時代を占う3つのキーワード>風間八宏解説「ドリブル力の台頭、ボランチ消失、ペップイズムの進化」

Sports Graphic Number Special

<新時代を占う3つのキーワード>
風間八宏解説「ドリブル力の台頭、ボランチ消失、ペップイズムの進化」

少しずつ起き始めていた戦術の変化は、W杯を経て決定的になった。ひとつの手法ではなく、幾つも答えが考えられる「戦術戦国時代… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

有料

2014/08/29

本田圭佑が語った好調の理由。裏への意識、プレーエリア、守備負担。

フットボール“新語録”

本田圭佑が語った好調の理由。
裏への意識、プレーエリア、守備負担。

「レギュラー争いの真っただ中にいる自分自身としては、まだまだ安心できるような状況ではない。ホント日々いい緊張感を味わって… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/08/28

野村豊幸(FIFA公認代理人)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~

スポーツ仕事人

野村豊幸(FIFA公認代理人)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~

国境を越えて選手の移籍が活発に行なわれる現代サッカー。舞台裏で奔走する代理人の真実に迫る! 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

有料

2014/08/28

ザックジャパンの戦術的な問題は、主力と監督の“歩み寄り”が生んだ!?

フットボール“新語録”

ザックジャパンの戦術的な問題は、
主力と監督の“歩み寄り”が生んだ!?

ザックジャパンはブラジルW杯に向けてコンディション調整を失敗し、切れを欠いたまま本番を迎えてしまった――ということを前回… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2014/08/10

W杯の敗因の1つ「コンディション」。調整過程に浮上した“3つのミス”。

フットボール“新語録”

W杯の敗因の1つ「コンディション」。
調整過程に浮上した“3つのミス”。

なぜ日本代表は、ブラジルの地で1勝すらできなかったのか? ブラジルW杯が終わって2週間以上が経つというのに、まだそのことば… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2014/08/04

ベンゲルが語るW杯“第3のトレンド”。「カウンターに人数をかけろ!」

フットボール“新語録”

ベンゲルが語るW杯“第3のトレンド”。
「カウンターに人数をかけろ!」

「興味深いのは、結果を出しているチームの多くがアタックに人数をかけていることだ」アーセン・ベンゲル(アーセナル監督) 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/07/23

<ジョーカーの困惑>大久保嘉人「すべてが中途半端だった」

Sports Graphic Number Special

<ジョーカーの困惑>大久保嘉人「すべてが中途半端だった」

FWの切り札として招集され、本大会では全試合に出場した。 前線で体を張りながら感じていた、チームに対する違和感とは――。 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

有料

2014/07/02

ミュラー、ロッベン、そして本田。W杯のゴールを“背中”で検証する。

フットボール“新語録”

ミュラー、ロッベン、そして本田。
W杯のゴールを“背中”で検証する。

W杯はスーパープレーの宝庫だ。特にゴールシーンは世界最高レベルの技術が凝縮されており、美術品を見ているかのような優美な気… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/06/23

「ギリシャのサッカーは守備的か?」今、日本に必要とされる観察眼。

ブラジルW杯通信

「ギリシャのサッカーは守備的か?」
今、日本に必要とされる観察眼。

勝負事において「思い込み」ほど、危険なものはない。分析の眼を曇らせ、誤った判断を導いてしまう。ギリシャはガチガチに守備を… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/06/18

加藤敦也(Jクラブのマネージャー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~

スポーツ仕事人

加藤敦也(Jクラブのマネージャー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~

熱戦を演じる選手たちを陰で支えるスタッフがいる。ともに勝利を目指して戦う“裏方”の仕事に迫る! 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

Jリーグ

有料

2014/06/14

岡崎が本田に伝えた“異常”な要求。「絶対に走るから、見える前に裏へ」

フットボール“新語録”

岡崎が本田に伝えた“異常”な要求。
「絶対に走るから、見える前に裏へ」

大胆かつ慎重に突き詰めれば、ブラジルW杯における攻撃の武器になるかもしれない。それは日本人選手だからこそ成立する、“受け… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2014/06/06

世界のCBの頂点に立つ“モンスター”。チアゴ・シウバ、故郷でのW杯決勝へ。

ブラジルW杯通信

世界のCBの頂点に立つ“モンスター”。
チアゴ・シウバ、故郷でのW杯決勝へ。

相手を支配する攻撃サッカーを行なううえで、速くて強くて巧いセンターバックは不可欠な存在だ。高く押し上げたDFラインの裏に生… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/05/27

「手よりもすごいことを足でやる」風間フロンターレが追求するもの。

フットボール“新語録”

「手よりもすごいことを足でやる」
風間フロンターレが追求するもの。

今、J1で最もおもしろいサッカーをやっているクラブはどこか? それぞれの興味や嗜好によって18通りの答えがあると思われるが、… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

Jリーグ

2014/05/26

「個」対「インテンシティ」のCL決勝。サッカーの“正解”を巡る大一番に。

欧州CL通信

「個」対「インテンシティ」のCL決勝。
サッカーの“正解”を巡る大一番に。

今回のCLファイナルを一言で表現するなら、こうなるだろうか。「最強の個」対「最強のインテンシティ」。史上初の同都市クラブ対… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/05/22

欧州勢初の南米W杯優勝のために。ノイアーがまとい始めた「狂気」。

ブラジルW杯通信

欧州勢初の南米W杯優勝のために。
ノイアーがまとい始めた「狂気」。

ドイツ人の感覚からすると、どうもフレンドリーすぎるらしい。雑誌『プレイボーイ』のインタビューにおいて、ドイツ代表GKのマヌ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/05/21

試合の最初の15分で調子が分かる!“ルンメニゲ式”観戦術の3ポイント。

フットボール“新語録”

試合の最初の15分で調子が分かる!
“ルンメニゲ式”観戦術の3ポイント。

「最初の15分間を見れば、その日がチームにとっていい日なのか、悪い日なのか、だいたい見極めることができる」カールハインツ・… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/05/12

酒井崇光(スポーツメーカー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~

スポーツ仕事人

酒井崇光(スポーツメーカー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~

新興メーカーの日本進出を陰で支える元ミュージシャン。サッカーと共に歩んだ波乱万丈の半生とは? 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

有料

2014/05/05

2.59回のミスと、6.083回のアクション。2010年W杯に見る「ゴールの秘密」。

フットボール“新語録”

2.59回のミスと、6.083回のアクション。
2010年W杯に見る「ゴールの秘密」。

杯出場32カ国の中で最もデータ分析に力を入れているのは、おそらくドイツ代表だろう。以前にこのコラムでも紹介したとおり、ドイ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/05/01

トレーナー・西本直が解説する、中田英寿や本田圭佑の「背中」。

フットボール“新語録”

トレーナー・西本直が解説する、
中田英寿や本田圭佑の「背中」。

ブラジルW杯に向けて、ぜひ紹介したい「サッカーの見方」がある。選手が走っているとき、ドリブルしているとき、シュートを打つ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/04/14

CL敗退、バルサ黄金期の終わり。時代はペップの“真クライフイズム”へ。

欧州CL通信

CL敗退、バルサ黄金期の終わり。
時代はペップの“真クライフイズム”へ。

今度こそ「バルサ黄金時代」に区切りがついたと言っていいだろう。4月9日、バルセロナはCL準々決勝・第2レグでアトレティコ・マ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/04/11

ページトップ