スポーツ仕事人BACK NUMBER

早野忠昭(レースディレクター)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byShinya Kizaki

posted2017/02/16 16:30

早野忠昭(レースディレクター)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by Shinya Kizaki

早野忠昭さん。

●レースディレクター
マラソンレースのカラーを決める演出家の役割を果たす。どの選手を招待しどんなレース展開にするかを考え、実現するだけでなく、スポンサー集めや大会の広報活動にも携わる。レースの魅力をいかに表現するかがその手腕にかかる。

 今、日本で最もポップで勢いのあるスポーツイベントは、2月26日に第11回大会を迎える東京マラソンだろう。約2万6000人の抽選対象枠に約12倍の応募が集まり、大会収益は30億円を超える。若い女性からも支持され、オフィシャルクラブ「ONE TOKYO」は無料会員45万人・有料会員3万人という盛況ぶりだ。この人気イベントの育ての親のひとりが、東京マラソン財団の早野忠昭だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1489文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Champions League 2017◄1992ビッグイヤーに愛されし男たち。
早野忠昭

陸上の前後の記事

ページトップ