スポーツ仕事人BACK NUMBER

櫻井公貴(ブレード研磨士)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byphotographs by Shinya Kizaki

posted2017/11/04 16:00

櫻井公貴(ブレード研磨士)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Shinya Kizaki

櫻井公貴さん。

【ブレード研磨士】
フィギュアスケーターが自らの勝負の舞台と接するのは、スケート靴に取り付けた、厚さたった数㎜のブレードのみ。だからこそ、細かい要望を満たして不安なく滑れるよう、選手は信頼する研磨士にこの鋼鉄の仕上げを任せている。

 フィギュアスケートの世界において、氷のリンクはコンクリートにたとえられる。ジャンプが成功すれば喝采を浴びるが、もしうまく着氷できなければ体が叩きつけられて激痛をともなう。そんな明と暗を分けるのが、厚さ3~4mmの鉄製のブレードだ。

 元スケート選手の櫻井公貴は、ブレードの研磨士として、その重要さと繊細さに向き合っている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

櫻井公貴

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ