スポーツ仕事人BACK NUMBER

四宮邦泰(スポーツ能力測定)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byShinya Kizaki

posted2018/02/13 07:00

四宮邦泰(スポーツ能力測定)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by Shinya Kizaki

四宮邦泰さん。

【スポーツ能力測定】 能力的に見て最も向いているスポーツはどれなのか。自分のことであれ、あるいは自分の子供のことであれ、知りたいと思った経験はきっと多くの人にあるだろう。そんな関心に応えてくれる“測定会”が行われている。

 かつて東ドイツでは、4歳になったらすべての子供がスポーツ適性検査を受けることが義務付けられていた。身長・体重、スピード、ジャンプ力、速筋・遅筋の比率などが測定され、向いているスポーツが教えられる。たとえば、のちにサッカードイツ代表で主将になるミヒャエル・バラックが勧められたのはスピードスケートだった。運動神経がいい子供がいろいろな競技に触れる機会を作り、五輪のメダル数を増やそうという国家戦略だ。とはいえ強制ではなく、結局バラックがサッカーを選んだように、選択の自由が与えられていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

四宮邦泰

他競技の前後のコラム

ページトップ