スポーツ仕事人BACK NUMBER

吉谷吾郎(ブランディングディレクター)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byphotographs by Shinya Kizaki

posted2016/07/27 07:00

吉谷吾郎(ブランディングディレクター)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Shinya Kizaki

吉谷吾郎さん。

●ブランディングディレクター
企業や事業が成長していく上で根幹となるコンセプトやビジョンなどをわかりやすく言語化、視覚化する指針を示す。その企業・事業独自の想いや志を具現化すべく関係者に取材し、より効果的、効率的に消費者に働きかける手法を探る。

 スポーツのエンターテインメント化が進むにつれ、クラブや球団のブランドイメージがより重要な時代になってきた。たとえばドルトムントはブランディング会社に依頼してクラブ雑誌からスローガンまですべて刷新し、倒産危機から立ち直った。

 日本にもこの分野の若き先駆者が出てきた。湘南ベルマーレの理念やスローガン、スーパーラグビー・サンウルブズの露出を手がける株式会社パラドックスの吉谷吾郎だ。早大でラグビーに打ち込んでいた吉谷にとって、実はこれは元から望んだキャリアではない。第一志望はフジテレビだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1494文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO 2016 Final

Sports Graphic Number 906

EURO 2016 Final

 

吉谷吾郎
湘南ベルマーレ
サンウルブズ
大倉智

ラグビーの前後の記事

ページトップ