スポーツ仕事人BACK NUMBER

我妻一由(Jクラブ担当マーケター)
~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byphotographs by Shinya Kizaki

posted2017/09/24 17:00

我妻一由(Jクラブ担当マーケター)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Shinya Kizaki

我妻一由さん。

【Jクラブ担当マーケター】
自社の製品をトップ選手やトップチームに着用してもらい、プロモーションを図る。そのためチームの練習場や試合会場に足繁く通って、選手やスタッフと信頼関係を築き上げる。次代のスター発掘力も問われるというマーケターの仕事とは?

 2010年南アフリカW杯が終わった直後のことだ。長谷部誠がプーマジャパンのオフィスを訪れ、一足のスパイクを差し出した。「もし良かったら使ってください」。W杯で実際に履いたスパイクに自身のサインを入れたものだった。担当者の我妻一由は感謝の気持ちで胸が熱くなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1565文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新生日本代表いざ、ロシアへ。

Sports Graphic Number 2017/9/15臨時増刊

新生日本代表
いざ、ロシアへ。

 

我妻一由

Jリーグの前後の記事

ページトップ