スポーツ仕事人BACK NUMBER

君島知喜(日本バレーボール協会)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byShinya Kizaki

posted2017/04/12 08:00

君島知喜(日本バレーボール協会)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by Shinya Kizaki

君島知喜さん。

●日本バレーボール協会
日本でのバレーボール競技の普及や振興活動に取り組む。「つなぐ力」をスローガンに生活の一部にバレーボールがある世界の実現をめざす。選手強化やマーケティング、事業計画の企画・立案など多くの部門に分かれて業務を進めている。

 日本のスポーツ界にとって、各競技の国際組織で活躍する人材を増やすのは大きな課題だ。語学面のハンデもあり、スポーツ政治の舞台で遅れを取っている。そこで日本オリンピック委員会は人材を育てるために「JOC国際人養成アカデミー(JISLA)」を2011年に立ち上げた。週末3日間カンヅメにする集中講義を、計8週間行う。今年1月に国際バレーボール連盟(FIVB)のビーチバレーボール委員会に入った君島知喜は、その卒業生のひとりだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1453文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<WBC2017>侍ジャパン、激闘の記憶。
君島知喜
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ