話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

開幕から14試合でいまだ無傷 「なぜ川崎はこんなに強いのか?」三笘の証言から考える“強さの秘密”

posted2021/05/06 17:02

 
開幕から14試合でいまだ無傷 「なぜ川崎はこんなに強いのか?」三笘の証言から考える“強さの秘密”<Number Web> photograph by Getty Images

開幕から14試合を終え、いまだ無傷(12勝2分・勝ち点38)の川崎フロンターレ

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Getty Images

 もう、川崎フロンターレを止められるチームはないかもしれない。

 首位攻防戦となる名古屋グランパスとの2連戦。4月29日の初戦は相手ホームで名古屋の堅守を打ち破り、4-0で圧勝。5月4日の2戦目も前半31分にセットプレーで先制すると、後半にも2点を奪って、力の違いを見せ、3-2で勝利。2位の名古屋に勝ち点9差をつけた。

 名古屋は、フィッカデンティ監督が新型コロナに感染し、代わりにブルーノ・コンカコーチが指揮を執り、2戦目ではシステムも4-3-3に変更して挑んだが、ミスを含めて3点を先にとられると単純に勝つのは難しい。選手交代で齋藤学、柿谷曜一朗、ガブリエルシャビエル、森下龍矢ら個の力のある選手を入れて、流れを取り戻したが、追いつくことができず、川崎戦は2連敗。勝ち点差を広げられたことはもちろん大きいが、それ以上に2試合で7失点という現実は、それまで堅守で勝ってきたチームスタイルをもう一度、見直すことになりそうだ。

 川崎は、開幕から14試合を終え、いまだ無傷(12勝2分・勝ち点38)。昨年の同試合数の消化時(11勝2分1敗・勝ち点35)を上回るペースだ。しかし、川崎の鬼木達監督は、「名古屋の2試合は勝てたけど、自分たちの相手は名古屋だけではない。自分たちの突き進む道を歩んでいく」と、満足している様子はいっさい感じさせなかった。

無敗でも「満足していない」ハングリーさ

 常日頃から勝利しても「満足していない」と語る指揮官の姿は、ある人とダブって見えた。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を完成させた庵野秀明監督である。

「満足しない」、「同じものは作らない」。クリエーターとしての確固たるポリシーを持ち、常に新しいものをファンに提供する。そのためにスタッフに厳しく、自分にも妥協しない。ドキュメンタリー番組の中での庵野監督からは、ないものを生み出す難しさと対峙する執念とそこへのパワーが感じられた。

 鬼木監督も就任してから川崎を毎年バージョンアップさせてきた。

 風間八宏前監督の下で攻撃のベースが確立された後、守備をテコ入れして2017年に優勝を果たすと、昨年は、さらなる成長を求めてシステムを4-3-3に変更。選手の個性を生かしつつ、ポゼッションだけではなく、縦に早く攻める手も磨いていった。試合では、とにかく選手に細かく指示を出し、要求にこたえられなければ指摘し、考えさせる。その繰り返しなのだが、この細かな繰り返しの中に少しでもチームを強くしたいという意図が読み取れる。

【次ページ】 三笘「フロンターレのサッカーは、やっていて楽しい」

1 2 3 NEXT
川崎フロンターレ
名古屋グランパスエイト
三笘薫
鬼木達

Jリーグの前後の記事

ページトップ