甲子園の風BACK NUMBER

『栄冠は君に輝く』『六甲おろし』も。
スポーツ音楽王・古関裕而、傑作十選。

posted2020/06/23 07:00

 
『栄冠は君に輝く』『六甲おろし』も。スポーツ音楽王・古関裕而、傑作十選。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

甲子園という高校野球の聖地で聴く『栄冠は君に輝く』は格別。来年こそは……。

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 放送中のNHK連続テレビ小説『エール』。夏の甲子園でおなじみの名曲『栄冠は君に輝く』や、阪神タイガースの応援歌『六甲おろし』など、約5000曲もの作曲を手がけた昭和を代表する伝説の作曲家・古関裕而と妻・金子の生涯を描いた物語だ。

 吹奏楽部出身の筆者は、音楽にあふれたこのドラマを毎朝楽しみに見ている。古関が入賞した国際コンクールの審査員のひとりがストラヴィンスキーと聞いては、「『火の鳥』! 去年の吹奏楽コンクールで習志野高校がやった曲!」、柴咲コウ演じるオペラ歌手・双浦環が「プッチーニが見つけてくれた」と発言しては、「『蝶々夫人』のプッチーニに見出されたとは……!」など、知っている音楽家が登場するたびにいちいち興奮し、まるで音楽の授業を受けている気さえしてくる。

 球場で高校野球の応援を聴くのが趣味の筆者は、数々のスポーツ音楽を作ってきた古関裕而のことはもちろん知っている。そこで、まったくの個人的好みで恐縮だが、スポーツ音楽を中心に、極私的・古関作品ベスト10を選んでみたい。

来年こそは聴きたい『栄冠は君に輝く』。

1位 『栄冠は君に輝く』
 やはり1位は、夏の甲子園「全国高校野球選手権大会」の大会歌である同曲を迷わず選びたい。1948年、古関が39歳のときに作曲。開会式で、加賀大介による「雲は湧き 光あふれて 天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ」という青春の輝きに満ちた歌詞を聴くたびに胸が熱くなり、毎年アルプススタンドで一緒に熱唱している。

 ちなみに、選手入場時に演奏される『全国高校野球選手権大会行進曲』は、 山田耕筰による作品。古関を見出した山田の行進曲で、選手たちは凛とした表情でグラウンドを一周。その後、『栄冠は君に輝く』を高らかに歌い上げる。山田と古関という師弟コンビだからこその、美しい流れを感じずにはいられない。

 今年の夏の甲子園は、残念ながら新型コロナウイルスの影響で戦後初の中止が決定。春の選抜も取りやめとなったが、8月、甲子園で原則無観客での代替試合の開催が決定している。

 来年こそはコロナが終息し、この名曲が平和に響き渡ることを願うばかりだ。

【次ページ】 1964年東京五輪の行進曲『オリンピック・マーチ』も。

1 2 3 4 5 NEXT
古関裕而
古関金子
阪神タイガース
読売ジャイアンツ
早稲田大学
慶應義塾大学
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

高校野球の前後のコラム

ページトップ