早稲田大学 雑誌表紙

早稲田大学 

JのMVP、代表で目立つ大卒の好選手。相馬勇紀&外池監督に聞いた濃密さ。

JリーグPRESS

JのMVP、代表で目立つ大卒の好選手。
相馬勇紀&外池監督に聞いた濃密さ。

高卒プロ入りと天秤にかけた結果、あえて大学を経由することを選ぶ選手も増えつつある近年。メリット、と一口に言ってしまうと味… 続きを読む

森迫雄介Yusuke Morisako

Jリーグ

2020/05/03

早大駅伝チームは寮も完全に解散。相楽監督「ゼロからスタートする覚悟」

箱根駅伝PRESS

早大駅伝チームは寮も完全に解散。
相楽監督「ゼロからスタートする覚悟」

今季の早大は、今年正月の箱根駅伝で7位に入り、2年ぶりに学生三大駅伝出場へのシード権を手にしている。下級生に有力選手が多く… 続きを読む

和田悟志Satoshi Wada

駅伝

2020/04/28

ドラフト上位候補がプロに腕試し!剛腕に韋駄天、注目の大学生5人。

令和の野球探訪

ドラフト上位候補がプロに腕試し!
剛腕に韋駄天、注目の大学生5人。

大学生にとっても本番となるリーグ戦開幕はこれから。現在はあくまで調整中の段階ということもあり、会心というほどの結果を残し… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

大学野球

2020/03/27

アマ球界の王道投手を変えたSNS。ダル、お股ニキとの出会いと起業。

大学野球PRESS

アマ球界の王道投手を変えたSNS。
ダル、お股ニキとの出会いと起業。

かつて、プロを目指したピッチャーが現役引退後、その経験を伝えていくために起業した。アマチュア球界の真ん中を歩いてきた。た… 続きを読む

清水岳志Takeshi Shimizu

大学野球

2020/03/15

<ロッテ加入決定・再録記事>鳥谷敬の実像は早大時代から不変。いつもいる、というのは尊いことだ。

マスクの窓から野球を見れば

<ロッテ加入決定・再録記事>
鳥谷敬の実像は早大時代から不変。
いつもいる、というのは尊いことだ。

阪神タイガース・鳥谷敬内野手が、プロ野球史上50人目の“2000本”を達成した。2004年に早稲田大学から阪神に入団して、今年で14… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

プロ野球

2020/03/10

ラグビーの試合なく暇なので調べた。「魔法のやかん」はいつ消えた?

ラグビーPRESS

ラグビーの試合なく暇なので調べた。
「魔法のやかん」はいつ消えた?

「ボーッとした状態のところに突然冷たい水をかけられれば誰だって驚きます。“魔法のやかん”とは、昔でいう“気付け薬”のよう… 続きを読む

長田昭二Syoji Osada

大学ラグビー

2020/03/04

<2023年への鼓動(1)>早稲田大学「黄金トリオの未来」を見よ。

Sports Graphic Number Special

<2023年への鼓動(1)>
早稲田大学「黄金トリオの未来」を見よ。

臙脂の期待と伝統を背負い続けた4年間の果てに、真新しいナショナルスタジアムで凱歌を上げた。因縁深い紫紺の軍団を打ち破った1… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

大学ラグビー

有料

2020/01/31

箱根で敗れた各校の悔恨とお手上げ。早稲田、東洋、駒澤、國學院、東海。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根で敗れた各校の悔恨とお手上げ。
早稲田、東洋、駒澤、國學院、東海。

「選手はよく走ってくれました。ウチは大きなミスはなかったけれど、爆発力に欠けました。要は、普通の駅伝をしていては勝てない… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2020/01/09

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

第96回箱根駅伝(2020)

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。
直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

今回は2区の争いが激化しそうで、拓殖大学のラジ二・レメティキ(1年)、創価大学のムソニ・ムイル(4年)、日本大学のチャール… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/12/31

早稲田ラグビー部“Reborn”計画。明治に敗れたのは無駄ではなかった。

スポーツ・インテリジェンス原論

早稲田ラグビー部“Reborn”計画。
明治に敗れたのは無駄ではなかった。

早稲田が積み上げてきたこととは、多彩なタレントがそろうバックスが、ボールを大きく動かすアタックだ。前半13分に見せたトライ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2019/12/24

早稲田大→慶応大ラグビー部コーチ。なぜ三井大祐は異例の道を歩んだか。

ラグビーPRESS

早稲田大→慶応大ラグビー部コーチ。
なぜ三井大祐は異例の道を歩んだか。

伝統を競う良きライバルの両校の間で異例の出来事があった。昨年、早稲田のコーチだった三井大祐(35歳)が、今年から慶応のコー… 続きを読む

清水岳志Takeshi Shimizu

大学ラグビー

2019/12/20

白熱の全勝対決となった早明戦。新国立競技場の舞台で再戦なるか。~ラグビーW杯効果もあり完売~

SCORE CARD

白熱の全勝対決となった早明戦。
新国立競技場の舞台で再戦なるか。
~ラグビーW杯効果もあり完売~

ハーフタイムにスタンドを振り返ると、視界に入ったほとんどの人が、何とも幸せそうな笑みを浮かべていた。12月1日、秩父宮ラグ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

大学ラグビー

有料

2019/12/19

伝統を繋ぐ早稲田大学が見せる底力。中央大学の2020年は復活の礎となるか。

第96回箱根駅伝出場校紹介

伝統を繋ぐ早稲田大学が見せる底力。
中央大学の2020年は復活の礎となるか。

箱根駅伝予選会9位。名門・早稲田大学としては、「あってはならない結果」だった。しかし、この順位が攻めた結果であることもま… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

駅伝

2019/12/18

甲子園優勝投手・吉永健太朗が引退。1年前、彼は期待感を抱いていた。

野球クロスロード

甲子園優勝投手・吉永健太朗が引退。
1年前、彼は期待感を抱いていた。

甲子園で優勝する。あるいはプロで華々しく活躍するような選手は、精神的にタフだと思われがちだが、そうとは言い切れない。意外… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

プロ野球

2019/12/17

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。数学を学ぶラガーマンの「到達点」。

ラグビーPRESS

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。
数学を学ぶラガーマンの「到達点」。

「僕の走るコースの到達点は決まっている。それに向けて最短を走るのではなく、若干、大回りをしたり、ふくらんでみると、全体が… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

大学ラグビー

2019/12/08

明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。崩された“名作”と早稲田のメンタル。

スポーツ・インテリジェンス原論

明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。
崩された“名作”と早稲田のメンタル。

「正直、疲れていたか具体的には言えませんが、こちらが後半に入って2本トライを取った後に、早稲田の選手たちがメンタル的に『… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2019/12/04

ドラフト指名漏れと2年後の希望。番記者が見た早稲田大4番の素顔。

大学野球PRESS

ドラフト指名漏れと2年後の希望。
番記者が見た早稲田大4番の素顔。

「(ドラフト)当日はさすがに落ち込んだけど、自分の実力不足。長い野球人生の中でやり返すチャンスはまだまだあるので、そこに… 続きを読む

望月優樹Yuki Mochizuki

大学野球

2019/11/26

[平成ランナーズ playback vol.1]渡辺康幸「ライバルの存在が生んだ“1時間6分台”の衝撃」

第96回箱根駅伝(2020)

[平成ランナーズ playback vol.1]
渡辺康幸「ライバルの存在が生んだ“1時間6分台”の衝撃」

千葉・市立船橋高校3年時のインターハイでは、1500mと5000mでの2冠を達成。全国高校駅伝では、エースの集まる1区で2年連続区間賞… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

駅伝

2019/11/14

今季の箱根駅伝は「ワイドオープン」だ。出雲駅伝、全日本大学駅伝で見えた優勝の条件とは。

第96回箱根駅伝(2020)

今季の箱根駅伝は「ワイドオープン」だ。
出雲駅伝、全日本大学駅伝で見えた優勝の条件とは。

出雲駅伝、全日本大学駅伝の両レースを終え、今季の箱根駅伝を読み解くキーワードが思い浮かんでいる。ワイドオープン。ワイドオ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/11/07

箱根駅伝予選会で感じた“新時代”の幕開け。各校の歓喜と落胆に見た、新たな勢力図。

第96回箱根駅伝(2020)

箱根駅伝予選会で感じた“新時代”の幕開け。
各校の歓喜と落胆に見た、新たな勢力図。

箱根駅伝予選会。時代が大きく動いた感触があった。新しい勢力が力を伸ばし、その一方で、伝統校が本大会の出場権を逃した。箱根… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/10/31

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ