早稲田大学 雑誌表紙

早稲田大学 

55件中 1 - 20件を表示
早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。伝統のスタイルを乗り越えて進め。

スポーツ・インテリジェンス原論

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。
伝統のスタイルを乗り越えて進め。

やっぱり、接戦になった。81分になって早稲田31、明治27。こうなると、勝負はどちらに転がるか分からなかった。最終的に早稲田が… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/12/04

伝統の「W」は復調するか?早稲田大学の最強ルーキーが照らす未来とは。

箱根駅伝2019

伝統の「W」は復調するか?
早稲田大学の最強ルーキーが照らす未来とは。

高校No.1の実績をひっさげ、鳴り物入りで早稲田大学に入ったルーキーが、初めての駅伝シーズンを迎えている。 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

2018/11/30

伝統の早慶戦で観たラグビーの妙。“指示無視”の選手がいてもいい。

スポーツ・インテリジェンス原論

伝統の早慶戦で観たラグビーの妙。
“指示無視”の選手がいてもいい。

やっぱり、早慶戦はいい。早稲田、慶応ともに、好感が持てた。よく相手を分析し、指導陣が正しい処方箋を書き、真面目に練習を重… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/11/27

10年前のドラフトから考える阪神。クジ運最悪、選手の成長も難しく……。

“Mr.ドラフト”の野球日記

10年前のドラフトから考える阪神。
クジ運最悪、選手の成長も難しく……。

NumberWebではドラフト会議のすべてを知るスポーツジャーナリスト・小関順二氏に依頼し、全12球団の10年前のドラフトを振り返っ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2018/10/15

10年前のドラフトから考えるDeNA。即戦力欲しさで迷走した辛い時代に。

“Mr.ドラフト”の野球日記

10年前のドラフトから考えるDeNA。
即戦力欲しさで迷走した辛い時代に。

この年の横浜のドラフト獲得選手の中には、私がプロ野球選手としての成功の目安にしている「投手は300試合登板、50勝(1セーブ、… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2018/10/11

早大の生徒・鏑木から、コーチ・瀬古へ。30年後に伝えた「後悔」と「お礼」。

終われない男の対談集

早大の生徒・鏑木から、コーチ・瀬古へ。
30年後に伝えた「後悔」と「お礼」。

瀬古利彦(62)と鏑木毅(49)、この2人の接点を知っているとしたら筋金入りの陸上競技通だ。 続きを読む

礒村真介Isomura Shinsuke

2018/10/07

育成で獲ってドラフト上位に戻す。SBで“早稲田の大竹耕太郎”再び!

マスクの窓から野球を見れば

育成で獲ってドラフト上位に戻す。
SBで“早稲田の大竹耕太郎”再び!

投手陣に苦慮するソフトバンクの“救世主”になれるのか!月が変わって、ツキも変えられるのか? 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/07

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。2019年ラグビーW杯に間に合うか。

ラグビーPRESS

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。
2019年ラグビーW杯に間に合うか。

3人の指揮官による評価だ。「将来の日本を背負って立つ存在」「声のかけ方と判断力が抜群に良い」「どんなテンポも作り出せる」 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/08/01

2022年の箱根は早稲田、明治、中央?1年生のタイムが示す「古豪復活」。

スポーツ・インテリジェンス原論

2022年の箱根は早稲田、明治、中央?
1年生のタイムが示す「古豪復活」。

2018年5月の時点で、予想しておく。2022年の箱根駅伝の優勝チームは――早稲田大学だ!なんの根拠もなく予想しているのではない… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/05/06

小林快、世界陸上銅と箱根への葛藤。「競歩転向、100%良かったとは」

Number PLAYBACK

小林快、世界陸上銅と箱根への葛藤。
「競歩転向、100%良かったとは」

2013年9月7日。アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれたIOC総会で、2020年のオリンピック開催地が東京に決まった。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/03/19

「箱根駅伝総合優勝だけは譲れない――」古豪・早稲田大学が見せるプライド。

箱根駅伝2018

「箱根駅伝総合優勝だけは譲れない――」
古豪・早稲田大学が見せるプライド。

全日本大学駅伝を7位という結果で終え、3大会ぶりにシード権を失った直後、早稲田大の相楽豊監督はこんな言葉でチームの不出来を… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

2017/12/01

大学ラグビーは未熟だからこそ面白い。早慶戦に溢れていたミスとプライド。

スポーツ・インテリジェンス原論

大学ラグビーは未熟だからこそ面白い。
早慶戦に溢れていたミスとプライド。

日曜の早朝の興奮。日本代表はフランス代表と23-23のドロー。勝てたかもしれない――という思いは残るが、敵地で堂々たる戦いっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/12/01

清宮幸太郎が初めて言ったプロ志望。「早実-早大」から外れていく覚悟。

野ボール横丁

清宮幸太郎が初めて言ったプロ志望。
「早実-早大」から外れていく覚悟。

12時36分。この日の主役が、早稲田実業の小室哲哉記念ホールの壇上に上がった。途端、途切れることなくフラッシュがたかれる。集… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/09/22

鳥谷敬の実像は早大時代から不変。いつもいる、というのは尊いことだ。

マスクの窓から野球を見れば

鳥谷敬の実像は早大時代から不変。
いつもいる、というのは尊いことだ。

阪神タイガース・鳥谷敬内野手が、プロ野球史上50人目の“2000本”を達成した。2004年に早稲田大学から阪神に入団して、今年で14… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/09/11

大学でもプロでもメジャーでも。清宮幸太郎の誇りは「チームメイト」。

Number Ex

大学でもプロでもメジャーでも。
清宮幸太郎の誇りは「チームメイト」。

当時早大4年だった斎藤佑樹が、こんなことを言っていた。「学生野球、大好きです。自分はアマチュアで育った人間ですから」 続きを読む

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura

2017/07/22

大学で第3GK、U-20正GKが感じた隙。小島亨介に待つW杯後のギャップ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

大学で第3GK、U-20正GKが感じた隙。
小島亨介に待つW杯後のギャップ。

U-20W杯、4試合で6失点。この数字を見ると、日本の守備が世界相手に通じなかったと言われても、致し方がないだろう。無失点で切… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/06/07

清宮幸太郎は早大進学より即プロへ!東大相手に本塁打を量産しても……。

詳説日本野球研究

清宮幸太郎は早大進学より即プロへ!
東大相手に本塁打を量産しても……。

5月24日の夕方、電話出演した文化放送で清宮幸太郎(早稲田実・一塁手)の凄さと進路(プロか早稲田大進学か)について話した。… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2017/05/29

新風が巻き起こったセンバツ応援。甲子園に響いた「アゲアゲホイホイ」。

甲子園の風

新風が巻き起こったセンバツ応援。
甲子園に響いた「アゲアゲホイホイ」。

大阪桐蔭vs.履正社という、史上初の大阪代表同士による決勝戦となった今年のセンバツ。4月1日に大阪桐蔭が5年ぶり2度目の優勝を… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2017/04/05

渡辺一平は北島康介の系譜を継ぐか。2分6秒台で世界新、その潜在能力。

オリンピックへの道

渡辺一平は北島康介の系譜を継ぐか。
2分6秒台で世界新、その潜在能力。

衝撃的な記録だった。NHKは速報を打ち、その快挙を伝えた。2分6秒67。1月29日、競泳の東京都選手権男子200m平泳ぎで19歳の渡辺一… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/02/06

青学の存在で、優勝を信じられない?早稲田がハマった「追う者の弱み」。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学の存在で、優勝を信じられない?
早稲田がハマった「追う者の弱み」。

本来であれば、早稲田は往路で勝っていなければいけなかった――。1月3日の閉会式会場で、早大の相楽豊監督と話した末の結論であ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/12

1 2 3 NEXT >>

ページトップ