早稲田大学 雑誌表紙

早稲田大学 

箱根で敗れた各校の悔恨とお手上げ。早稲田、東洋、駒澤、國學院、東海。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根で敗れた各校の悔恨とお手上げ。
早稲田、東洋、駒澤、國學院、東海。

「選手はよく走ってくれました。ウチは大きなミスはなかったけれど、爆発力に欠けました。要は、普通の駅伝をしていては勝てない… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2020/01/09

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

第96回箱根駅伝(2020)

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。
直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

今回は2区の争いが激化しそうで、拓殖大学のラジ二・レメティキ(1年)、創価大学のムソニ・ムイル(4年)、日本大学のチャール… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/12/31

早稲田ラグビー部“Reborn”計画。明治に敗れたのは無駄ではなかった。

スポーツ・インテリジェンス原論

早稲田ラグビー部“Reborn”計画。
明治に敗れたのは無駄ではなかった。

早稲田が積み上げてきたこととは、多彩なタレントがそろうバックスが、ボールを大きく動かすアタックだ。前半13分に見せたトライ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2019/12/24

早稲田大→慶応大ラグビー部コーチ。なぜ三井大祐は異例の道を歩んだか。

ラグビーPRESS

早稲田大→慶応大ラグビー部コーチ。
なぜ三井大祐は異例の道を歩んだか。

伝統を競う良きライバルの両校の間で異例の出来事があった。昨年、早稲田のコーチだった三井大祐(35歳)が、今年から慶応のコー… 続きを読む

清水岳志Takeshi Shimizu

大学ラグビー

2019/12/20

白熱の全勝対決となった早明戦。新国立競技場の舞台で再戦なるか。~ラグビーW杯効果もあり完売~

SCORE CARD

白熱の全勝対決となった早明戦。
新国立競技場の舞台で再戦なるか。
~ラグビーW杯効果もあり完売~

ハーフタイムにスタンドを振り返ると、視界に入ったほとんどの人が、何とも幸せそうな笑みを浮かべていた。12月1日、秩父宮ラグ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

大学ラグビー

有料

2019/12/19

伝統を繋ぐ早稲田大学が見せる底力。中央大学の2020年は復活の礎となるか。

第96回箱根駅伝出場校紹介

伝統を繋ぐ早稲田大学が見せる底力。
中央大学の2020年は復活の礎となるか。

箱根駅伝予選会9位。名門・早稲田大学としては、「あってはならない結果」だった。しかし、この順位が攻めた結果であることもま… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

駅伝

2019/12/18

甲子園優勝投手・吉永健太朗が引退。1年前、彼は期待感を抱いていた。

野球クロスロード

甲子園優勝投手・吉永健太朗が引退。
1年前、彼は期待感を抱いていた。

甲子園で優勝する。あるいはプロで華々しく活躍するような選手は、精神的にタフだと思われがちだが、そうとは言い切れない。意外… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

プロ野球

2019/12/17

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。数学を学ぶラガーマンの「到達点」。

ラグビーPRESS

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。
数学を学ぶラガーマンの「到達点」。

「僕の走るコースの到達点は決まっている。それに向けて最短を走るのではなく、若干、大回りをしたり、ふくらんでみると、全体が… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

大学ラグビー

2019/12/08

明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。崩された“名作”と早稲田のメンタル。

スポーツ・インテリジェンス原論

明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。
崩された“名作”と早稲田のメンタル。

「正直、疲れていたか具体的には言えませんが、こちらが後半に入って2本トライを取った後に、早稲田の選手たちがメンタル的に『… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2019/12/04

ドラフト指名漏れと2年後の希望。番記者が見た早稲田大4番の素顔。

大学野球PRESS

ドラフト指名漏れと2年後の希望。
番記者が見た早稲田大4番の素顔。

「(ドラフト)当日はさすがに落ち込んだけど、自分の実力不足。長い野球人生の中でやり返すチャンスはまだまだあるので、そこに… 続きを読む

望月優樹Yuki Mochizuki

大学野球

2019/11/26

[平成ランナーズ playback vol.1]渡辺康幸「ライバルの存在が生んだ“1時間6分台”の衝撃」

第96回箱根駅伝(2020)

[平成ランナーズ playback vol.1]
渡辺康幸「ライバルの存在が生んだ“1時間6分台”の衝撃」

千葉・市立船橋高校3年時のインターハイでは、1500mと5000mでの2冠を達成。全国高校駅伝では、エースの集まる1区で2年連続区間賞… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

駅伝

2019/11/14

今季の箱根駅伝は「ワイドオープン」だ。出雲駅伝、全日本大学駅伝で見えた優勝の条件とは。

第96回箱根駅伝(2020)

今季の箱根駅伝は「ワイドオープン」だ。
出雲駅伝、全日本大学駅伝で見えた優勝の条件とは。

出雲駅伝、全日本大学駅伝の両レースを終え、今季の箱根駅伝を読み解くキーワードが思い浮かんでいる。ワイドオープン。ワイドオ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/11/07

箱根駅伝予選会で感じた“新時代”の幕開け。各校の歓喜と落胆に見た、新たな勢力図。

第96回箱根駅伝(2020)

箱根駅伝予選会で感じた“新時代”の幕開け。
各校の歓喜と落胆に見た、新たな勢力図。

箱根駅伝予選会。時代が大きく動いた感触があった。新しい勢力が力を伸ばし、その一方で、伝統校が本大会の出場権を逃した。箱根… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/10/31

混戦必至の第96回箱根駅伝予選会。突破に重要な「3つの要素」で各校を読む。

第96回箱根駅伝(2020)

混戦必至の第96回箱根駅伝予選会。
突破に重要な「3つの要素」で各校を読む。

ひとことで言えば、“戦国駅伝”。今季の学生駅伝は、そんな混戦模様が予想されている。今年1月の箱根駅伝は、東海大が悲願の初… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

駅伝

2019/10/24

W杯イヤーの大学シーズン開幕。2023年を目指す戦いが始まった。~ラグビー界の秋の主役は大学生~

SCORE CARD

W杯イヤーの大学シーズン開幕。
2023年を目指す戦いが始まった。
~ラグビー界の秋の主役は大学生~

「メンバー発表の日になって、悔しさがこみ上げてきました」齋藤直人は、苦い表情で言葉をはきだした。 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

大学ラグビー

有料

2019/09/13

明大・森下と早大時代の小島和哉。主将でエース、その効果と気苦労。

球道雑記

明大・森下と早大時代の小島和哉。
主将でエース、その効果と気苦労。

明治大学のエースであり、主将も務めた森下暢仁(まさと)が、全日本大学野球選手権で大活躍した。 続きを読む

永田遼太郎Ryotaro Nagata

プロ野球

2019/07/02

令和最初の野球早慶戦は因縁の戦い。主将同士は4年越し、監督は31年!

All in the Next Chapter

令和最初の野球早慶戦は因縁の戦い。
主将同士は4年越し、監督は31年!

「郡司は勝ってきて就任したキャプテン、僕は負けてきて就任したキャプテン。それは甲子園でも神宮でも同じです。チームとしても… 続きを読む

田中大貴Daiki Tanaka

大学野球

2019/05/31

早稲田大の1年生・大塚達宣の選択。Vリーグの誘いを断り、大学で伸びる。

バレーボールPRESS

早稲田大の1年生・大塚達宣の選択。
Vリーグの誘いを断り、大学で伸びる。

背番号「18」のエースが躍動する。ただしそれはピッチャーマウンドではなく、体育館のコートの中。今年1月の春高バレーで高校日… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

バレーボール日本代表

2019/05/27

箱根の未来は1年生のタイムでわかる。今年の3位は青学、1位&2位は……。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根の未来は1年生のタイムでわかる。
今年の3位は青学、1位&2位は……。

陸上のトラックシーズン真っただ中だが、5月23日からは関東インカレが行われ、1500mや5000mには1年生が出場する楽しみな種目もあ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

陸上

2019/05/25

田中浩康と選手が語る小宮山采配。早大野球部としての責任と褒め方。

大学野球PRESS

田中浩康と選手が語る小宮山采配。
早大野球部としての責任と褒め方。

早大野球部の加藤雅樹キャプテン(4年)は言い訳をしなかった。「明大戦の負けは単純にこちらの力が足りなかっただけです」 続きを読む

清水岳志Takeshi Shimizu

大学野球

2019/05/10

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ