ラグビーPRESSBACK NUMBER

金子達仁が見てきた敗者の態度。
ラグビーW杯の今後と釜石の未来。 

text by

金子達仁

金子達仁Tatsuhito Kaneko

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/06 20:00

金子達仁が見てきた敗者の態度。ラグビーW杯の今後と釜石の未来。<Number Web> photograph by Getty Images

表彰台から降りてまもなく、銀メダルを外したイングランド代表HCエディー・ジョーンズ。その表情から悔しさが滲み出ていた。

青臭いおとぎ話? そうかも。

 新聞報道によると、早くも来年の7月、イングランドが日本と戦うことが決まったらしい。今後、世界のラグビー大国が日本にやってくる機会はどんどん増えていくことだろう。

 その中の1試合、1年に一度、とびっきりのカードを釜石に持っていく、ということはできないだろうか。

 釜石は遠い。鵜住居復興スタジアムは小さい。けれども、ジャパンが世界の強国と戦うとなれば、ラグビーファンは足を運ぶだろうし、釜石であれば相手チームもスタジアムの小ささに納得してくれるだろう。そして、釜石を年に一度、ラグビーファンにとっての聖地として育てていけば、交通の便に対する不満の声が高まり、改善の機運が高まり──スポーツが国や行政を動かす、ということにつながるかもしれない。

 青臭いおとぎ話? そうかも。でも、諦めようとは思わない。

 日本がアイルランドやスコットランドを倒す?

 子供たちがラグビースクールに殺到する?

 テレビの瞬間最高視聴率が50パーセントを超える?

 日本中がワールドカップロスに陥る?

 半年前だったら、どれもおとぎ話レベルだっただろうから。

<完全保存版>ラグビーW杯2019 桜の証言

Sports Graphic Number PLUS December 2019

<完全保存版>
ラグビーW杯2019 桜の証言

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
エディー・ジョーンズ
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ