Number ExBACK NUMBER

泰然自若の堀江翔太が完敗を認めた。
南アは「レベルが全然違いました」。

posted2019/11/08 17:00

 
泰然自若の堀江翔太が完敗を認めた。南アは「レベルが全然違いました」。<Number Web> photograph by Atushi Kondo

南アフリカ戦の2日後、取材に応じてくれた堀江、稲垣、福岡の3選手。稲垣選手はカメラを向けると、やっぱり笑わない。

text by

朴鐘泰

朴鐘泰Park Jong Tae

PROFILE

photograph by

Atushi Kondo

 もう、ジャパンの試合、観られないんだ……。

 10月20日、東京スタジアムで南アフリカ戦を見届けた直後、強烈な喪失感に襲われた。いわゆる「ロス」状態。しかし、ヘコんでる場合では全くなかった。歴史的な戦いを終えたジェイミージャパンの選手たちを、一刻も早く取材せねばならない。

 試合後、編集部に戻って南ア戦関連のページ編集作業と並行して、各方面にインタビューを打診した。聞くところによると、W杯代表選手が所属するクラブ・マネジメント事務所には、4年前とは比べ物にならない量の取材オファーが殺到しているらしい。

 猶予は10日間。この間に何人取材できるんだろう――。朦朧としながらメールを打ちまくったのを覚えている。

堀江翔太、稲垣啓太、福岡堅樹がやってきた。

 翌日の正午をちょっとすぎた頃だった。スマホの画面を確認して、目を疑った。

「明日は急ですか?」

 長年お世話になっているマネジメント事務所社長からの返信だった。急も何も、あの南アフリカ戦のたった2日後に代表選手の取材ができるなんて、僥倖以外、何物でもない。

 しかも、3人。

 急ピッチでライターとカメラマンのスケジュールを確保し(これもラッキーなことに全部丸く収まった)、選手たちの取材場所と移動手段を押さえ、担当編集を割り振りし、打ち合わせした上で、豪華インタビュー3本立てに臨んだ。

 堀江翔太、稲垣啓太、福岡堅樹。ジェイミージャパンの快進撃を支えた、不動の主力選手たちである。

【次ページ】 堀江翔太の言葉はいつも本音である。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堀江翔太
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ