ラグビーPRESSBACK NUMBER

沢木敬介が語る南ア戦勝利への道筋。
「ハイパント、ペナルティの重み」

posted2019/10/20 09:00

 
沢木敬介が語る南ア戦勝利への道筋。「ハイパント、ペナルティの重み」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

W杯開幕前のテストマッチで南アフリカに敗れたが、田村優のプレーとキックが冴えれば準決勝も見えてくるはずだ。

text by

沢木敬介

沢木敬介Keisuke Sawaki

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

ラグビー日本代表にとって初めての経験となる、W杯決勝トーナメント。準々決勝で激突するのは南アフリカだ。9月のテストマッチでは7-41の敗戦に終わった強豪相手に、どうすれば勝てるのか。エディージャパンではコーチングコーディネーターも務めたラグビー界きっての知性派・沢木敬介氏に分析してもらった。

 いよいよ、ベスト8の戦いが始まります。

 対戦相手は因縁の南アフリカ。4年前の雪辱を果たすために、緻密な分析をして万全の準備で挑んでくるでしょう。

 日本の鍵となるのは、南アフリカをどのエリアに閉じ込めるか。これに尽きます。

「キーマンは15人全員」と言いたくなるほどタレントが豊富な南アフリカはフィールドポジション(プレーする陣地)をコントロールすることが非常にうまいチーム。

 強さ、速さという自分たちの強みを理解して攻撃を仕掛けてきます。なかでも気をつけなければならないのは、W杯前の9月のテストマッチでも苦しめられたハイパントのキック、いわゆる「コンテストキック」。日本は高く蹴り上げられたボールの競り合いで後手に回りました。だからキックを使った攻撃を仕掛けやすいエリア、つまり相手の自陣10m付近で自由にプレーさせないことが重要です。

リーチらがこれまでの数字を残せば。

 アタックをさせるならハーフウェーから日本陣地に入るあたりのエリアが理想。その位置ではキックではなく、トライゾーンめがけてアタックを仕掛けてくる。そうなると日本の武器であるタックルが生きる。シンプルにFWを絡めてどんどん攻め込む南アフリカに対し、高いタックル成功率を誇るジャパンがどこまで食い止められるか。

 リーチ(マイケル)、トンプソン(ルーク)、(ジェームス・)ムーア、ラピース(ピーター・ラブスカフニ)がこれまで通りの数字を残せれば自ずと日本ペースになると思います。

 また、キックをさせないという戦いで参考となるのはアイルランド戦。あの試合、キープレイヤーの長身SHコナー・マーレーにキックの選択をさせなかった。そのエリアでプレー機会を与えなかった完璧な試合運びでした。南アも同じSHのファフ・デクラークがハイパントを蹴ることが多い。彼にプレッシャーを与えて少しでも精度を下げたい。

【次ページ】 南アBKは前がかりな守備をする。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田村優
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ