ラグビーPRESSBACK NUMBER

沢木敬介が語る南ア戦勝利への道筋。
「ハイパント、ペナルティの重み」 

text by

沢木敬介

沢木敬介Keisuke Sawaki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/10/20 09:00

沢木敬介が語る南ア戦勝利への道筋。「ハイパント、ペナルティの重み」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

W杯開幕前のテストマッチで南アフリカに敗れたが、田村優のプレーとキックが冴えれば準決勝も見えてくるはずだ。

田村のキックが本調子ならば。

 予選プールの4試合を見ると、田村のキックはまだ本調子ではない。キックのシーンを見ると、ボールにインパクトするときのターゲット(ゴール)に対する体重移動が少しブレている。

 ただ、それは田村クラスのレベルであれば大会期間中でも十分調整できる範囲。もともといいキックを蹴れている時はそれができている。感覚だけでやっていれば修正は難しいですが、本人も理解しているはず。もっとキックの質は上がると思います。

 何よりも、日本には“地の利”がある。スコットランド戦のようなスタジアムの雰囲気は選手のパワーを存分に引き出します。相手からすればやりづらいだけでなく、プレーに多少のズレを生むこともあるでしょう。

 チャンスは絶対にくる。そのチャンスをいかにフィニッシュまで持っていくか。

 勝てますよ。ジャパンが目指す「ゴールはここじゃない」ので。B'zさんの曲みたいになってしまいましたが(笑)、期待していいと思います。またひとつ大きな一歩を踏み出す姿を見届けたいですね。

(構成/谷川良介)

関連記事

BACK 1 2 3
田村優
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ