Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<トライを生み出した原動力>
福岡堅樹「韋駄天の特別任務」

posted2019/10/20 15:00

 
<トライを生み出した原動力>福岡堅樹「韋駄天の特別任務」<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Atsushi Kondo

後半16分、前戦に続き途中出場した快足ウイングは、インパクトプレーヤーの仕事をきっちりと遂行した。しかし、彼の役割はそれだけにとどまらない。多様な動きで全力を尽くし、チームを支えた。(Number988号掲載)

 フルハウスになった豊田スタジアム。

 後半16分から投入された福岡堅樹は、痛恨のミスを犯していた。

 日本は福岡が投入される直前、モールからのトライを決めて26-12とリードを広げていた。さあ、4トライを挙げてボーナスポイント獲得だ! というギアを上げる場面で投入されたのが福岡だった。

 しかし、ワールドカップに入って最高のパフォーマンスを見せるサモアは、後半30分には日本のゴール前に迫り、ラインアウトから波状攻撃を仕掛けてきた。

 日本の防御網が徐々に食い込まれていくと、最後は12番、ヘンリー・タエフが日本のタックラーをかわしてトライを奪った。コンバージョンも決まって26-19。残り時間はたっぷりある。もうワントライを許したら、引き分けの危険性もある――。少しだけ、嫌な予感がした。

 実は、タエフにタックルに行ったのが福岡だった。かなり低い体勢でタックルを仕掛けたが、タエフはくるりとスピンすると、福岡を軽くかわしてトライをあげた。

 福岡の視点からは、タエフの後ろにはスタンドオフのトゥシ・ピシも控えており、照準を絞り切れなかったのかもしれない。結果としてすがりつくようなソフトなタックルになり、トライを献上してしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2397文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

福岡堅樹
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ