オリンピックPRESSBACK NUMBER

世界水泳で重圧に苦しんだ大橋悠依。
彼女を救ったスタッフのひと言とは? 

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph byHiroyuki Nakamura

posted2019/07/31 18:00

世界水泳で重圧に苦しんだ大橋悠依。彼女を救ったスタッフのひと言とは?<Number Web> photograph by Hiroyuki Nakamura

2019年の世界水泳で大橋悠依のメダルは1つに終わったが、それ以上に精神面で得るものは大きかったようだ。

「すごく自信をもって泳げた」

「ずっと追い込んで練習してきた自分の頑張りに対して、自分が試合で応えてあげようと思って気持ちを切り替えて臨みました。泳ぎに関しては、すごく自信を持って泳ぐことができました」

 初めて感じた重圧に悩みながらも、自分自身で答えを見つけた大橋。今回の銅メダルは、彼女にとって金メダル以上の価値があったに違いない。

 そして、本物のトップアスリートとしてさらなる成長を遂げるための第一歩を踏み出した瞬間が、この世界選手権の400m個人メドレーだった。

 来年の東京五輪で、輝く笑顔を見せながら、大橋はきっと、私たちにそう笑って話してくれることだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大橋悠依
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ