猛牛のささやきBACK NUMBER

難病を乗り越えたオリ安達了一。
貫く“ショート”へのこだわり。

posted2019/03/11 10:30

 
難病を乗り越えたオリ安達了一。貫く“ショート”へのこだわり。<Number Web> photograph by Kyodo News

キャンプやオープン戦では大城、福田らとのポジション争いが勃発。開幕に向け、先発ショートの座をかけて戦い続ける。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 昨秋、オリックスのドラフトの補強ポイントは“ショート”だった。

 オリックスは1巡目で報徳学園高校のショート、小園海斗を指名。4球団競合の末、広島が小園のくじを引き当てると、次は外れ1位で天理高校のショート、太田椋を指名し獲得した。

 オリックスのショートには31歳の安達了一がいる。プロ1年目の2012年は右手親指の怪我があり50試合の出場に終わったが、'13年にショートのレギュラーをつかみ、それ以来、不動の存在になった。

 それが揺らぎかけたのが'16年だった。1月に潰瘍性大腸炎と診断され、入院生活を余儀なくされた。潰瘍性大腸炎は厚生労働省に指定されている難病である。

 それでも安達は4月に早くも一軍復帰する。連戦の中でもできる限り睡眠を確保し、口にするものには細心の注意を払い、病気に効果があると聞けば何でも試した。体調を見て休養も入れながら、その年は118試合に出場した。

 難しい打球も難しく見せず、当たり前のようにアウトにする安達の守備が、いかにチームにとって大きいかが改めてあらわになった。しかもその年、打率はキャリアハイの2割7分3厘を記録。その後、病気の再燃も乗り越え、昨年は'16年以降最多の140試合に出場した。

押し寄せる世代交代の波。

 それでも、チームとしては後継者を作らなければならない。谷口悦司スカウトは、「安達も年齢を重ねてきていますし、すぐにそこに追いつくレベルの選手を獲らなければ」と語っていた。

 安達に、昨年のドラフトをどんな思いで見ていたのか、聞いた。

「そこはしょうがないですからね(苦笑)。(世代交代が)早ければ早いだけ、チーム的にはいいことだと思うので。若さには勝てないんで。そりゃ同じ(プレー)だったら、若い人を使った方がいいから」

 どこか達観したように、穏やかに話した。

「使うほうは、そりゃあ健康なやつを使った方がいいと思いますし。僕は指導者に恵まれたから出してもらえた。使ってくれた(前監督の)福良(淳一)さんには感謝しています」

【次ページ】 安達が語る「ショート」へのこだわり。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

安達了一
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ