Number PLAYBACKBACK NUMBER

クルトワからの9.35秒を味わって。
長友佑都はもっと走りを追求する。 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2019/01/07 10:30

クルトワからの9.35秒を味わって。長友佑都はもっと走りを追求する。<Number Web> photograph by Miki Fukano

10年間にもわたって日本の左サイドを務め続けてきた長友佑都。その意欲は今もなお盛んだ。

親子でピッチに。最高っすね。

 長友は、クルトワがキャッチしてからのこの9.35秒間に、日本と世界との差が表れたと感じている。

「あの走力。現代サッカーでは、ボールを持って、パスをつなぐだけでは勝てなくなっています。いかに縦に速い攻撃をできるか、そのときに、いかにスプリントして前に出て行けるか。これからの日本サッカーは、走力のスキル・質を高めないと、世界との差は縮まらないと思う。もちろんそのためにはトレーニングが必要ですし、『走り』について深く理解している指導者を育成して、その理論を広めないといけない」

 インタビュー終了後、生後6カ月になる愛息について話しながらのポートレート撮影が始まった。

「4年後は4歳。4歳なら、父親がサッカー選手であることも認識しますよね? W杯の試合後のピッチに親子で立つ。最高っすね。これが一番のモチベーションですよ」

 1カ月前、号泣しながら仲間に語りかけた男が、柔らかく笑っていた。

(Number958号『長友佑都 もっと走りを!』より)

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART I>史上最強高校を探せ。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長友佑都
ティボー・クルトワ
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ