ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

メッシに笑顔と切れ味が戻った!
「アルゼンチン人でいるのは最高」 

text by

藤坂ガルシア千鶴

藤坂ガルシア千鶴Chizuru de Garcia

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/27 17:30

メッシに笑顔と切れ味が戻った!「アルゼンチン人でいるのは最高」<Number Web> photograph by Getty Images

世界最高の選手がワールドカップから早々に消える危機は回避された。アルゼンチンは息を吹き返すことができるのだろうか。

「アルゼンチン人であることほど素晴らしいことはない」

 一時はこのままチーム崩壊かと思われたが、主力選手たちの先導により話し合いの場が設けられた。選手全員とサンパオリ以下チームスタッフがミーティングを行い、率直な意見を交換、討論、問題点を洗い出した。

 その結果、ナイジェリア戦では起用するフォーメーションと先発メンバーに選手たちのアイデアが取り入れられた。決勝トーナメント進出に向けて、心をひとつにして前進することで合意に至ったのだった。

 メッシが、どのような思いでナイジェリア戦に臨んだのかは、本人に聞いてみなければ分からない。ただし、確かなことはナイジェリア戦でのメッシは別人のように、いや、いつものメッシに戻っていた。

 国歌斉唱ではうつむくどころか不敵な笑みを浮かべ、試合中は積極的に仕掛け、守備で相手を追いかける場面もあった。自分で先制点を決めたときも、マルコス・ロホが決勝点を決めたときも、それまでの鬱憤を晴らすかのように力強く叫んだ。

 ナイジェリア戦のあと、メッシは自身のインスタグラムでこう発信した。

「この喜びを神に感謝する。そして、毎試合素敵な熱狂を与えてくれるみんなに感謝する。いいときも悪いときも、アルゼンチン人であることほど素晴らしいことはない」

 かつてディエゴ・マラドーナが「神の手」を借りたように、神を味方につけたメッシ。マラドーナが手にした栄冠を、メッシが4度目の挑戦で勝ち取れるかどうか。その答えは――まさに、神にしか分からない。

日本代表、未来を懸けて。

Sports Graphic Number 954・955・956

日本代表、未来を懸けて。

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リオネル・メッシ
ホルヘ・サンパオリ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ