サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

浅野拓磨「俺が一番知ってますもん」
サッカー選手の価値は一瞬で変わる。 

text by

オノシンタロウ

オノシンタロウShintaro Ono

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/27 17:00

浅野拓磨「俺が一番知ってますもん」サッカー選手の価値は一瞬で変わる。<Number Web> photograph by Getty Images

今シーズンの浅野拓磨が苦しんだことは明らかである。しかし大一番で評価を覆してきたこともまた事実なのだ。

「俺、マジで全然遊んでないっす」

 ドイツの14時が日本の21時。その時間が、家族と電話する心の支えの時間だった。

 ドイツに渡ってからは、簡単な自炊も始めた。サッカーと向き合うだけの2年間だった。

「俺、マジで全然遊んでないっす。練習と、家族と電話して(笑)。日本に帰ってきてからも、ほとんど代理人か家族と一緒にいたんで」

 5月に人知れず日本に帰ってきて、代表に合流するまでの4日間。

 誰と遊びに行ったわけでもない。滞在するホテルで、家族とともに過ごした。あとはそんな家族の一員のような代理人とずっと一緒にいた。

 昔からそうだった、インタビューでも取材でも、求められれば答える。相手のことを想って。だが、求められないと自分から前にはでない。

 ドイツに行ってからは、もともと少なかった「遊びたい」という欲も消えてしまったという。

 出番がなくともくさらずに練習を続けていたことを、チームの関係者はずっと見てくれていた。だからコンディションが落ちていないことも、周囲の人間は分かっている。

 その日々の積み重ねがあったから、代表チームにも生き残れた。

「誰も見ていないように見えても、誰かが見ているし、すべては未来につながっている。ホント改めて未来は現在の積み重ねだと、今回痛感しました」

「1試合で選手の価値が変わることは知ってますもん」

 浅野はもともとエリートだったわけではない。プロ2年目まで、リーグ戦では0ゴール。アンダーのカテゴリーでも名前が挙がることは少なく、初めて公式戦で日の丸に袖を通したのは2014年のU-22選手権だ。当時プロではまだ1ゴールも奪っていなかった。その時からこう語っている。

「自分の目標はあくまで、ここではないんで。五輪に出て、活躍して。一番の目標のA代表にはいって、W杯に出たいっていう大きな目標があります。それが無理だとは思ってないんで」

 あれから4年。泥臭くサッカー人生に結果を積み重ねてきた。

 クラブワールドカップの準々決勝、リオ五輪最終予選の最終予選の決勝、そしてロシアW杯出場を決めたオーストラリア戦。

 注目される大事な試合でこそ浅野はピッチに立ち、常にゴールを奪ってきた。

 いま自分が批判されていることも知っている。それでも事もなげにいった。

「1試合で選手の価値が変わることは、俺が一番知ってますもん」

 もう1カ月もない。サッカー選手としてずっと夢見てきた人生一の大舞台がそこに待つ。

 シュツットガルトと同じ想いをするつもりはない。スタメンでも途中出場でも、求められれば、求めてくれれば、結果を出す。今までも、そうしてきたように。

ロシアW杯蹴球読本RUSSIA WORLD CUP 2018

Sports Graphic Number PLUS June 2018

ロシアW杯蹴球読本
RUSSIA WORLD CUP 2018

 

関連記事

BACK 1 2 3
浅野拓磨
シュツットガルト
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ