オリンピックへの道BACK NUMBER

五輪前年に調整法を変えない勇気。
渡部暁斗、竹内智香が得た経験値。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/05/31 08:00

五輪前年に調整法を変えない勇気。渡部暁斗、竹内智香が得た経験値。<Number Web> photograph by AFLO

スキー連盟が初開催した「SAJ SNOW AWARD」。冬季競技の露出を増やす以外の価値もそこにはあった。

普段は会わない様々な競技の選手との意見交換の場に。

 竹内は、こんな話もしていた。

「いろんな種目のトップ選手が集まることで、自分自身の中でスイッチが入るというか、頑張ろうと思った1日でした」

 竹内にとって刺激となった表彰式は、参加した他の選手たちにとっても同様だった。

 高梨は「見て、考えるいい機会になりました」と話していたし、堀島もまた、「刺激を受けました」と語った。

 経験者たちに接することで、気づきや発見があれば、それは若い選手にも財産になる。竹内や渡部らのオリンピックシーズンの進み方もまた、参考になるはずだ。

 ふだんはなかなか会う機会のないさまざまな種目の、ベテランから若手、さらには元選手たちも一堂に会す場には、そうした意義もあったのではないか。

「来年は最優秀賞がほしいなあ」

 そんな言葉が選手から聞こえてきたことも、そう感じさせた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡部暁斗
竹内智香
高梨沙羅
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ