NumberEYESBACK NUMBER

ラグビー日本代表、
欧州ツアー2勝2敗の意味。
~'15年W杯への貴重なレッスン~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2013/12/21 08:00

ラグビー日本代表、欧州ツアー2勝2敗の意味。~'15年W杯への貴重なレッスン~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

筑波大2年の福岡が、スコットランド相手に2トライと遂にブレイク。

 タフな1カ月だった。

 2013年秋の日本代表シリーズ。幕開けは、オールブラックスを秩父宮に迎え撃った11月2日の一戦だった。日本は世界最強軍団からスクラムでボールを奪うなど前半25分まで6-7と食い下がったが、小さなミスから失点を重ねた。終盤は猛攻に転じたが、トライ体勢に入ったWTB福岡堅樹が、相手キャプテンのリッチー・マコウに間一髪で阻まれた。6-54。日本はノートライで敗れた。

 極限の攻防というタフなレッスンを積んだジャパンは、翌朝には成田へ向かい、ロンドン経由で17時間かけてエディンバラへ。6月のウェールズ撃破に続き、NZに食い下がった自信を胸に、敵地での強豪国撃破を目論みスコットランドに挑んだ。前半で3-11とリードされたものの、後半の立ち上がりに21歳の韋駄天・福岡が相手WTBを完璧に抜き去る2トライをあげ、2度にわたって1点差に。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1026文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Jリーグには俺たちがいる!~J.League Final 2013~
リッチー・マコウ
福岡堅樹
五郎丸歩

ラグビーの前後の記事

ページトップ