Jリーグ観察記BACK NUMBER

「支配」か、「コントロール」か。
~FC東京好調の要因~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2009/08/04 11:30

「支配」か、「コントロール」か。~FC東京好調の要因~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

現在リーグ戦6位のFC東京(第20節終了時)。ナビスコ杯準決勝進出にも、ゴールで貢献した平山相太

 今Jリーグで最も勢いに乗るチームのひとつ、FC東京の試合を観ていたら、ふと、ポルトガルの名将ジョゼ・モウリーニョの言葉を思い出した。

 自伝『ジョゼ・モウリーニョ』(講談社)で、彼はこう綴っている。

「選手に対して、選択肢は2つしかないと話していた。つまり、ゲームを支配するか、コントロールするかのどちらかだ」

 ここで『支配』とは、なるべく相手陣内でプレーし、どんどんゴールを狙っていくこと。『コントロール』とは、下がった位置でしっかりとパスを回し、攻撃のチャンスをうかがうことだ。どちらも主導権を握ることには変わりないが、前者の方がはるかにリスクが大きい。「ゲームを支配し、それができない場合はコントロールする」というのがモウリーニョ流だ。

 今のFC東京は、この2つの切り替えが抜群にうまい。

 ドリブルで切れ込んだ石川直宏のシュートがDFにあたっても、素早くMFの羽生直剛、梶山陽平、米本拓司がこぼれ球を拾って、第2次攻撃をしかける。かと思えば、流れによっては、DF今野泰幸を中心にゆっくりとボールをまわして、ペースをダウンさせる。FC東京が6月からナビスコカップを含めた公式戦で8連勝し、20節時点でJリーグの6位につけるのも納得がいく。ゴールを連発している石川に目が行きがちだが、自在にやり方を変える組織戦術も見逃してはいけないだろう。

状況に応じた臨機応変なサッカーができる理由とは。

 なぜ、彼らはこれほど“臨機応変”なのか?

 ボランチの梶山は、こう説明する。

「去年から“つなぐサッカー”をやり始めて、今年はさらに“遅攻”も課題にしてスタートしました。シーズンが始まった頃はメンバーが固まらなくて、うまくいなかい部分もあったんですが、(4月29日の)ガンバ戦くらいから後ろでボールをつないで時間を作れるようになった。それから勝ち始めて自信がつき、うまくまわす時間と、速く攻める時間のスイッチの入れ方がはっきりしてきたんです」

 このスイッチのオン・オフがあるからこそ、石川の高速ドリブルや、平山相太のパワーがより生かされることになる。

「前の選手が疲れているときは、後ろの選手がボールをまわすようにしています。その間、前の選手はポジションを取り直すけど、そんなに力を使わないで休むことができる。だから、攻めのスイッチが入ったときに、前の選手がパワーを使えているのかな、と感じています」

 まさにこれは、モウリーニョが言うところの「ボールを使った休憩」だ。

【次ページ】 選手各人が「主導権」というテーマを考え、実践する。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

羽生直剛
石川直宏
平山相太
梶山陽平
今野泰幸
城福浩
FC東京

Jリーグの前後のコラム

ページトップ