SCORE CARDBACK NUMBER

スポーツ界で活発化する
環境問題への取り組み。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

posted2009/07/29 06:00

スポーツ界で活発化する環境問題への取り組み。<Number Web>

鹿島DF後藤も参加した廃食用油回収。「スポーツのエコ・プラスバリュー」調査研究の一環

 6月20日、Jリーグの鹿島アントラーズ対ジュビロ磐田が行なわれたカシマサッカースタジアムで、一つの試みが形となった。食用油を精製して作られたバイオディーゼル燃料でユニフォームやスパイク等を運搬するチームトラックを運行したのである。

 もととなった食用油は、クラブの呼びかけに応じたサポーターが、5月10日の試合でスタジアムに持ち寄ったもの。373世帯から336リットル(市販の600g入りボトルで約560本分相当)が集まったという。ガソリンではなくバイオディーゼル燃料を使うことで二酸化炭素(CO2)削減につながるうえ、不要となった油の回収で環境汚染の防止にも役立つ、という狙いから実施されたプロジェクトである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

Jリーグの前後のコラム

ページトップ