SCORE CARDBACK NUMBER

久々に現れた守備の逸材、
FC東京の米本拓司。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2009/08/10 06:00

久々に現れた守備の逸材、FC東京の米本拓司。<Number Web> photograph by Masahiro Ura

ナビスコ杯準々決勝第1戦の対名古屋でプロ初ゴールを飾った米本。岡田代表監督も注目

 オシム語録を引用すれば、「水を運ぶ人」ということになるのだろう。最近、特に若い世代を見ていて、守備に才を発揮するボランチの選手が、あまり見られなくなったように思う。かつては、服部年宏、戸田和幸、明神智和、今野泰幸など、その手の選手が比較的コンスタントに登場してきたものだ。

 ところが、近ごろでは「自分の仕事はバランスを取ること」などともっともらしい理由をつけ、ただ真ん中に立っているだけの気が利かないボランチが増えた。しかも、それを指導者やマスコミが「バランサー」などと持ち上げてしまうから、なおたちが悪い。確かに、これなら大ケガもしないが、手当もできない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

米本拓司
FC東京

Jリーグの前後のコラム

ページトップ