白鵬 

“ご意見番”武蔵丸の本音「大関正代はだらしない、ガッカリしちゃった」「新横綱は土俵入りだけで大関時代の倍は疲れるんだよ」

武蔵丸の辛口御免 Oh!相撲

“ご意見番”武蔵丸の本音「大関正代はだらしない、ガッカリしちゃった」「新横綱は土俵入りだけで大関時代の倍は疲れるんだよ」

武蔵丸「大関正代は、やっと勝ち越し。もう”大関のオーラ”どころか”アラ”ばっかりじゃないか? 14日目の妙義龍戦では一気に… 続きを読む

武蔵川光偉Musashigawa Mitsuhide

相撲

2021/09/27

白鵬全休でやっぱり照ノ富士独走…“ちょっと味気ない”大相撲秋場所のムードを変えそうな2人の力士

大相撲PRESS

白鵬全休でやっぱり照ノ富士独走…“ちょっと味気ない”大相撲秋場所のムードを変えそうな2人の力士

盤石だった横綱照ノ富士の初黒星が果たして、これから対戦する上位陣の気勢を上げる狼煙になるのか。味気ないと思われた優勝争い… 続きを読む

荒井太郎Taro Arai

相撲

2021/09/21

藤井聡太が白鵬に贈った《達心志》 羽生善治の七冠達成時は《泰然自若》、座右の銘《玲瓏》も…「将棋と扇子」の深い関係

将棋PRESS

藤井聡太が白鵬に贈った《達心志》 羽生善治の七冠達成時は《泰然自若》、座右の銘《玲瓏》も…「将棋と扇子」の深い関係

藤井聡太二冠(棋聖・王位)は四段時代の2017年6月、公式戦で棋士デビューから負けなしで29連勝し、空前絶後の新記録を達成した… 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/08/29

白鵬のガッツポーズは、「SUMO」なら許されるのか?

SCORE CARD

白鵬のガッツポーズは、「SUMO」なら許されるのか?

先の7月名古屋場所で、6場所連続休場明けながら45回目の優勝を全勝で飾った横綱・白鵬。昨年11月の時点で休場の多さについて横綱… 続きを読む

佐藤祥子Shoko Sato

相撲

有料

2021/08/27

“ご意見番”武蔵丸の苦言「白鵬よ、右ヒジで顔面を狙うのはいけない」「正代戦も元横綱の僕としては許せなかった」

武蔵丸の辛口御免 Oh!相撲

“ご意見番”武蔵丸の苦言「白鵬よ、右ヒジで顔面を狙うのはいけない」「正代戦も元横綱の僕としては許せなかった」

「白鵬の勝ちは勝ちなんだけれど、やっぱり右肘で顔面を狙うのはいけないよ。僕は以前から同じことをずっと言っているんだけど、… 続きを読む

武蔵川光偉Musashigawa Mitsuhide

相撲

2021/07/20

崖っぷちギリギリでも…横綱白鵬はやっぱり勝つ 照ノ富士との直接対決へ不安要素は?《6場所連続休場明け》

大相撲PRESS

崖っぷちギリギリでも…横綱白鵬はやっぱり勝つ 照ノ富士との直接対決へ不安要素は?《6場所連続休場明け》

「経験とうまさで上回ったという感じですね」2日目の遠藤戦も突っ張る両脇が“ガラ空き”となり、ややぎこちない動きではあった… 続きを読む

荒井太郎Taro Arai

相撲

2021/07/12

《大関・朝乃山の番付問題》“三段目転落”の賛否「元大関と三段目力士の対戦は“残酷な見世物”にならないか?」

相撲春秋

《大関・朝乃山の番付問題》“三段目転落”の賛否「元大関と三段目力士の対戦は“残酷な見世物”にならないか?」

「謹慎していた阿炎が幕下で2連続優勝なんて、なんだか茶番みたいになってしまう。朝乃山が三段目で取り組むなんて、ちょっとグ… 続きを読む

佐藤祥子Shoko Sato

相撲

2021/07/10

大関・朝乃山と番記者が一緒に“深夜外出した”問題…他紙デスクに聞く「番記者の関係は近すぎたのか?」

相撲春秋

大関・朝乃山と番記者が一緒に“深夜外出した”問題…他紙デスクに聞く「番記者の関係は近すぎたのか?」

「番記者がまずかったのは、食事をしたりキャバクラに行ったこと自体ではないんですよ。でも、まず時期がよくなかったことと、口… 続きを読む

佐藤祥子Shoko Sato

相撲

2021/07/10

相撲の起源は「殴る・蹴る・なんでもあり」 国技に見る“伝統とスポーツ”はどう共存していくべきなのか?

Number Ex

相撲の起源は「殴る・蹴る・なんでもあり」 国技に見る“伝統とスポーツ”はどう共存していくべきなのか?

歴史・文化・興行・神事・競技……様々な側面を持つ国技“相撲”を舞台に、その問いを読者にぶつけるのは、ヤングアニマル(白泉… 続きを読む

松尾奈々絵(マンガナイト)Nanae Matsuo

相撲

2021/05/07

「四股が踏めない」鶴竜の今後は? 春場所「本命」は36歳白鵬か…「対抗」は“3人の大関”よりも“復活劇”狙う照ノ富士?

大相撲PRESS

「四股が踏めない」鶴竜の今後は? 春場所「本命」は36歳白鵬か…「対抗」は“3人の大関”よりも“復活劇”狙う照ノ富士?

今場所こそは両横綱が揃って本場所の土俵に帰ってくると思われていたところへ残念なニュースが飛び込んできた。横綱鶴竜が今月9… 続きを読む

荒井太郎Taro Arai

相撲

2021/03/14

大相撲の“3.11” 被災地を訪れた力士たちの涙と誓い

相撲春秋

大相撲の“3.11” 被災地を訪れた力士たちの涙と誓い

大相撲の3.11。大相撲一行による、5日間にわたった「巡回慰問」は、まさに”力のもののふ”の頼もしさと優しさーー底力を見せつ… 続きを読む

佐藤祥子Shoko Sato

相撲

2021/03/12

貴景勝が綱取りに挑戦も、初場所最大の見所は“綱渡り”?

SCORE CARD

貴景勝が綱取りに挑戦も、初場所最大の見所は“綱渡り”?

2021年の1月初場所は話題が満載だ。'20年最後の11月場所では大関・貴景勝が2度目の優勝賜杯を抱き、来場所は初めての綱取りに挑… 続きを読む

佐藤祥子Shoko Sato

相撲

有料

2021/01/01

気迫で優勝の照ノ富士と両横綱の停滞。辛口の武蔵丸が7月場所を徹底検証。

武蔵丸の辛口御免 Oh!相撲

気迫で優勝の照ノ富士と両横綱の停滞。
辛口の武蔵丸が7月場所を徹底検証。

照ノ富士の復活優勝ということで、誰にでもチャンスがあるってわかったし、ケガと闘っている若い力士たちにいい見本を見せてくれ… 続きを読む

武蔵川光偉Musashigawa Mitsuhide

相撲

2020/08/03

4カ月ぶりの本場所の見どころは?新大関朝乃山と世代間抗争の楽しみ。

大相撲PRESS

4カ月ぶりの本場所の見どころは?
新大関朝乃山と世代間抗争の楽しみ。

勢いにも乗っている新大関には北の湖や千代の富士、朝青龍が関脇から一気に横綱へ駆け上がったような再来を期待したいが、そこに… 続きを読む

荒井太郎Taro Arai

相撲

2020/07/17

朝乃山の次の“突出者”は誰なのか。史上初のデータと、多すぎる候補者。

大相撲PRESS

朝乃山の次の“突出者”は誰なのか。
史上初のデータと、多すぎる候補者。

本来であれば、次の大関候補が突き抜けておかしくない状況である。だが、実力者が多すぎることによって星の潰しあいを招き、横綱… 続きを読む

西尾克洋Katsuhiro Nishio

相撲

2020/03/27

“沈黙の10秒間”に込めた思い……。八角理事長と「国技大相撲」の誇り。

大相撲PRESS

“沈黙の10秒間”に込めた思い……。
八角理事長と「国技大相撲」の誇り。

初日の八角理事長による協会挨拶でも触れられたように、お相撲さんが踏む四股は元来、邪気を土中に押し込める力があると言われて… 続きを読む

荒井太郎Taro Arai

相撲

2020/03/24

最強と呼ばれた“右四つ横綱”から、新大関・朝乃山への提言。

武蔵丸の辛口御免 Oh!相撲

最強と呼ばれた“右四つ横綱”から、
新大関・朝乃山への提言。

相撲界では「腕がいやらしい人」という言い方をするんだけれど、あ、痴漢のことじゃないよ(笑)。自分で自由自在に腕を動かせる… 続きを読む

武蔵川光偉Musashigawa Mitsuhide

相撲

2020/03/23

無観客開催・春場所の危機を好機へ。朝乃山、炎鵬、徳勝龍らに注目!

大相撲PRESS

無観客開催・春場所の危機を好機へ。
朝乃山、炎鵬、徳勝龍らに注目!

朝乃山にとって大阪は大学時代を過ごしたいわば“第2の故郷”。本来なら地の利を生かせるはずが、無観客で開催される今場所はこ… 続きを読む

荒井太郎Taro Arai

相撲

2020/03/07

「可愛い!」だけじゃない炎鵬。なぜ小兵力士で、こんなに強いのか?

大相撲PRESS

「可愛い!」だけじゃない炎鵬。
なぜ小兵力士で、こんなに強いのか?

こんなにも大人気で、上位陣にも負けない強さを見せる炎鵬だが、自身では「まだまだ相撲が遅い。決めるところで決め切れない、力… 続きを読む

飯塚さきSaki Iizuka

相撲

2020/03/05

大相撲初場所の見どころは?高き壁・白鵬に朝乃山、高安ら挑む。

大相撲PRESS

大相撲初場所の見どころは?
高き壁・白鵬に朝乃山、高安ら挑む。

他にも三役には阿炎、新小結大栄翔が顔を揃え、さらに平幕上位には北勝富士、御嶽海ら若手がひしめくが、両横綱の盤石ぶりばかり… 続きを読む

荒井太郎Taro Arai

相撲

2020/01/11

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ