著者プロフィール 

秋山英宏Hidehiro Akiyama

1961年生まれ。大学卒業後、フリーランスライターとしてスポーツ、レジャー分野を中心に雑誌、新聞で執筆活動を行なう。1987年からテニスの取材を開始し、グランドスラムをはじめ、国内外の主要トーナメントを取材。テニス専門誌に多くの観戦レポート、インタビュー記事などを執筆している。現在、日本テニス協会広報委員会副委員長を務め、同協会の出版物やメールマガジンなどにも寄稿している。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
引かないナダルが12度目の全仏制覇。不調の前哨戦で下した重要な決断。

テニスPRESS

引かないナダルが12度目の全仏制覇。
不調の前哨戦で下した重要な決断。

優勝を決めたラファエル・ナダルがコートに倒れ込み、大の字になった。自身が持っていた、同一のグランドスラム大会での最多優勝… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/06/11

才能を無駄使いするキリオスへ。才能を使い切ったフェレールの言葉。~世界一になる可能性を持つ若者へ~

SCORE CARD

才能を無駄使いするキリオスへ。
才能を使い切ったフェレールの言葉。
~世界一になる可能性を持つ若者へ~

性懲りもなく、まただ。ローマ大会の2回戦で、ニック・キリオスはコート脇の椅子を投げ飛ばすなどの狼藉で4度の警告を受け、失格… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/06/02

錦織圭のツォンガ戦は快勝ではない。何度かの失態を次にどう生かすか。

テニスPRESS

錦織圭のツォンガ戦は快勝ではない。
何度かの失態を次にどう生かすか。

世界ランキング自己最高5位の難敵を破った、2015年の準々決勝の雪辱を果たした、フォアハンドを使って終始攻めた、第4セットは0… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/05/31

下克上を狙われる立場の錦織圭が、全仏初戦で取り払った不安要素。

テニスPRESS

下克上を狙われる立場の錦織圭が、
全仏初戦で取り払った不安要素。

数年前に比べ、錦織圭が試合中に苦い表情を見せる回数が増えている。特にランキング下位の選手に苦戦している。 そもそもランキ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/05/28

錦織圭が最終セットで異例の3連敗。全仏ではナダルの山、活路はフォア?

テニスPRESS

錦織圭が最終セットで異例の3連敗。
全仏ではナダルの山、活路はフォア?

錦織圭にとって、自信満々で迎える全仏開幕とはならなかった。 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/05/25

クレーの“常識”を覆すデータと、大坂なおみ四大大会3連覇への道。~粘り強さよりサーブが大事?~

SCORE CARD

クレーの“常識”を覆すデータと、
大坂なおみ四大大会3連覇への道。
~粘り強さよりサーブが大事?~

プロツアーはクレーコートシーズンに突入、5月末に開幕する全仏オープンには大坂なおみの四大大会3連覇がかかる。クレーコートは… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/05/04

ここ2年足らずで初優勝が7人。BIG4の独占崩れたマスターズ。~錦織圭も「チャンスはある」~

SCORE CARD

ここ2年足らずで初優勝が7人。
BIG4の独占崩れたマスターズ。
~錦織圭も「チャンスはある」~

男子ツアーで四大大会に次ぐ格付けのマスターズ1000シリーズ(以下MS)は今年が創設30年目となる。四大大会は別格だが、年間9大… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/04/07

大坂なおみの成長とサーシャ“卒業”。成熟度で変化するコーチとの関係性。

テニスPRESS

大坂なおみの成長とサーシャ“卒業”。
成熟度で変化するコーチとの関係性。

大坂なおみがサーシャ・バインコーチの解任をSNSで発表したとき、ファンの方々の多くがそうであったように、筆者も困惑し、冗談… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/03/06

日本はフランス、セルビアと。デ杯新方式の恩恵やいかに。~トップ選手の出場も増える可能性大~

SCORE CARD

日本はフランス、セルビアと。
デ杯新方式の恩恵やいかに。
~トップ選手の出場も増える可能性大~

錦織圭や西岡良仁、ダニエル太郎の日本が、ラファエル・ナダルのスペインやノバク・ジョコビッチのセルビアに挑む――新フォーマ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/03/06

孤独な戦い、テニスの本質とは?試合中の指導がなじまない理由。~大坂なおみの理想は「すべて自分でやる」~

SCORE CARD

孤独な戦い、テニスの本質とは?
試合中の指導がなじまない理由。
~大坂なおみの理想は「すべて自分でやる」~

チェンジエンドのインターバルで、選手がコート脇のコーチに近づいていく。最初は何が起きたのかと思った。この全豪では予選とジ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/02/06

<6年間の伴走を終えて>前専属トレーナーが明かす、錦織の進化する心と肉体。

Sports Graphic Number Special

<6年間の伴走を終えて>
前専属トレーナーが明かす、
錦織の進化する心と肉体。

未完成で故障がちだった肉体を一からつくり変え、躍進を支えてきた専属トレーナー、中尾公一氏。6年間に及んだツアー帯同生活で… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/01/29

錦織圭対カレノブスタ、極上の陶酔。年に数試合しかない最高のテニス。

テニスPRESS

錦織圭対カレノブスタ、極上の陶酔。
年に数試合しかない最高のテニス。

四大大会では、1大会に2つか3つ、とんでもない試合がある。選手の心技体ががっちり噛み合い、格闘技のようなラリーが続く、いつ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/01/22

錦織圭の逆転勝利は必然だった。「この10年の経験値が僕の武器」

テニスPRESS

錦織圭の逆転勝利は必然だった。
「この10年の経験値が僕の武器」

錦織圭が全豪オープン1回戦敗退の危機をなんとか脱した。予選から勝ち上がった世界ランキング176位、カミル・マイクシャク(ポー… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/01/16

大坂なおみと同世代のライバル。最大の強敵は、1歳下の20歳。~大坂に負けないパワーと、接戦の強さ~

SCORE CARD

大坂なおみと同世代のライバル。
最大の強敵は、1歳下の20歳。
~大坂に負けないパワーと、接戦の強さ~

大坂なおみが今後、四大大会でどれだけ勝てるかと考えたときに、気になるのはライバルの存在だ。1歳下の20歳、アリーナ・サバレ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2018/12/27

錦織、5年で4度目の最終戦は、不断の努力で成した偉業。~継続には、初記録と同等以上の価値がある~

SCORE CARD

錦織、5年で4度目の最終戦は、
不断の努力で成した偉業。
~継続には、初記録と同等以上の価値がある~

錦織圭が年間成績上位8人による日東電工ATPファイナルズに2年ぶりの出場を果たした。この5年間で4度目の出場だ。 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2018/11/28

錦織圭「十分すぎる1年だった」ファイナルズ敗退も自然と前向き。

テニスPRESS

錦織圭「十分すぎる1年だった」
ファイナルズ敗退も自然と前向き。

両選手とも、悪い状態をいかに立て直すかがこの試合のテーマだった。ATPファイナルズ、ラウンドロビン(1次リーグ)第2戦で、錦… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/11/16

錦織圭「今年最悪の試合の1つ」0-6、1-6の大敗はなぜ起きたか。

テニスPRESS

錦織圭「今年最悪の試合の1つ」
0-6、1-6の大敗はなぜ起きたか。

錦織圭は「今年最悪の試合の1つ」と振り返った。複数の要因が重ならないと、なかなか0-6、1-6のスコアにはならない。なぜ、こ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/11/14

錦織圭の工夫とフェデラー撃破。“勝ちビビリ”は微塵もなかった。

テニスPRESS

錦織圭の工夫とフェデラー撃破。
“勝ちビビリ”は微塵もなかった。

お互い調子は良くなかったが、ロジャー・フェデラーのミスに助けられた、勝つには勝ったが――そんなふうに総括してしまうと、こ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/11/12

ATPファイナルズ出場直前、デルポトロに再びの悪夢が。~8年がかりで復活を果たした矢先の悲劇~

SCORE CARD

ATPファイナルズ出場直前、
デルポトロに再びの悪夢が。
~8年がかりで復活を果たした矢先の悲劇~

さすがに何かを呪いたい気持ちになったのではないか。フアンマルティン・デルポトロが上海の大会で右膝蓋骨を骨折、今季の残り試… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2018/11/03

大坂なおみのリズムを崩したもの。「勝ちたい気持ち」との付き合い方。

テニスPRESS

大坂なおみのリズムを崩したもの。
「勝ちたい気持ち」との付き合い方。

大坂なおみが何らかの違和感を抱えているのは明らかだった。第1セット冒頭のサービスゲームを落とし、すぐにブレークバックした… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/10/23

ページトップ