大学野球PRESSBACK NUMBER

「勉強ばっかりして、野球部にいる意味あんのか?」東大野球部も就職氷河期世代は“30%超”が留年…エリートも当時は就職難に悩んだ? 

text by

沼澤典史

沼澤典史Norifumi Numazawa

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/08/04 17:01

「勉強ばっかりして、野球部にいる意味あんのか?」東大野球部も就職氷河期世代は“30%超”が留年…エリートも当時は就職難に悩んだ?<Number Web> photograph by KYODO

写真は昨年秋の東京六大学野球。立教大を破って喜ぶ東大ナイン。文武両道のエリートたちも就職氷河期世代は就活に悩んだのだろうか?

「それはもう、学業に費やした時間は、ほぼゼロです。いま思えば大変もったいないことをしたと思いますが、大学3、4年生の2年間は、授業に出た記憶がほとんどありません。当時の野球部内では、授業で練習に出られない頻度が多くなると『お前、そんなに勉強ばっかりして練習をおろそかにするなら、野球部にいる意味あんのか』なんていう話も出ていたような気がします。いまの現役部員たちは、みんなしっかりと授業に行っているようですけども、当時は、自分たちは東大生である前に野球部員である、という雰囲気がありましたね」

 もっとも、これだけ野球部に身を捧げていても単位は取れていたというから、さすが神童である。

「授業にほとんど出ていませんから、まともな答案は書けなかったと思います。難解な問題文と格闘して、なんとか単位をいただいていたという感じです。授業に出ない分、試験だけはたくさん受けて、卒業に必要な単位数を積み上げていきました」

 かくしてどうにか卒業に向けて、階段を上がっていった溝内だが、4年生になった頃、卒部後は留年しようと決意する。時は就職氷河期の真っ只中。なぜ彼は、就職留年を選んだのだろうか。前出の古谷、済木の留年後の進路とともに、後編記事でお伝えする。

<後編に続く>

#2に続く「就職氷河期の悲壮感はなかったです」30%以上が留年したが…弁護士、コンサル、一流企業へ、東大野球部エリートの進路やっぱりスゴかった

関連記事

BACK 1 2 3 4
東京大学
慶應義塾大学
早稲田大学
明治大学
立教大学
法政大学
宮台康平
東京ヤクルトスワローズ
北海道日本ハムファイターズ
川上憲伸
矢野英司
開成高校
渡辺俊介
旭化成
武田薬品工業
アクセンチュア
遠藤良平
クボタ
浜田一志

大学野球の前後の記事

ページトップ